宇多田ヒカル 念願のベレー帽披露、「さて、深め!浅め!」

印刷

   歌手の宇多田ヒカルさんは、念願のベレー帽を買ったと2008年9月9日のブログに書いている。

「念願のぉおおおおっ! っベレー帽ぉおおおっ! んグェーーーーーーーット!!!
(訳:『念願のベレー帽ゲット!』)」

   8年前から、灰色のベレー帽を探していたが、なかなか見つからなかった。「おっさんぽいチェック柄だとか、大きすぎる、あるいは変なアップリケみたいなのがステッチされてるとか、妙に軍人チック(笑)のはあったんだけど」。

   灰色のベレー帽と出会った時をこう表現している。

「お、おまえはっ・・・! は、は、灰色のベレー帽じゃないか! まさかまさか、こんなおしゃれなお店(しかも女もんの)でお前に出会えるなんて・・・! お前の時代がついに来たか!」

   ブログでベレー帽をかぶった写真を披露している。ところが浮かない表情で、かぶりかたがわからないという。深めにかぶるか、浅めにするか。

「ここを見てくださっている、おしゃれな方々! どうか御指南おねがいします。恩にきるっす! よろしくっす!」

と、呼びかけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中