ドランクドラゴン鈴木拓 「アホの親から生まれてきた~」

印刷

   お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓さんが2008年9月10日のブログで、またまた自虐的なネタを披露している。この日の話題は、子供について。

   「もともと僕は子供嫌いです」。4歳の息子がいるにも関わらず鈴木さんは、のっけからこんなことを言う。今までは「人間としてどうなのか」といった非難を浴びてしまうことを恐れ、言えなかったそうだ。

   だが、息子が生まれて以来は一転して、「子供はカワイイ」と感じている。鈴木さんの息子はよく替え歌を歌うらしい。先日も「崖の上のポニョ」の替え歌をこう口ずさんでいた。

「ポ~ニョポ~ニョポニョ 鈴木の子~アホの親から生まれてきた~」

   鈴木さんは、「あんなに小さかった息子がそんな歌をうたえるようになった」と感心していてはいるものの、わざわざ「子供嫌い」を明記することからして、その心境は複雑なものだったに違いない。

   ちなみに、コメント欄では、「そんなセンスのいい歌が歌えるなんて....将来楽しみですね♪」「四歳で完成度の高い替え歌!スバラシイですね」「息子さん 面白いですね~」とツッコミを入れられていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中