北陽あぶちゃん 出来る女の証明?「レバニラ炒め」

印刷

   お笑いコンビ北陽のあぶちゃんこと、虻川美穂子さんが2008年9月10日のブログで、「レバニラ炒め」に挑戦したと報告している。

   きっかけは、テレビ番組の紹介を機に興味をもったから。そして、「レバーを扱える女なんて、かなり出来る女じゃな~い?!」といった目論見もある。

   そういうわけで、さっそく、「アゲアゲ~!」なテンションの中、「レバニラ炒め」にとりかかった。まずは、レバーの臭みをとることからはじめる。水につけて、余分なものと血とを洗い流すのだ。が、普段あまり料理をしないという虻川さんにとっては、少々きついものだった。

「無料理人間の私としては、肉もロクに触った事が無いのにいきなりレバーに手を出した私が間違いでした。
あのグロテスクなレバーを包丁で切るだけでも吐き気におそわれ、その上、血を洗う作業は気を失なうか失わないかのせめぎあいの中繰り広げられました」

   結局、「出来る女になるため」と言い聞かせ、フラフラになりながらもレバニラが完成。お母さんからは「美味しい~!」と好評だったという。虻川さんはというと、

「勇気を出して私も食べてみたけど、あのグロテスクな感じを思い出して、1つもはしが進みませんでした。ぎゃふん!」

   当分、レバニラ炒めやレバーが食べられそうにない、とこぼしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中