川田亜子アナ「自殺」の真相巡り 元恋人が事務所幹部を「提訴」

印刷

   2008年5月に練炭自殺した元TBSアナウンサー・川田亜子さん(享年29)の元恋人とされる平和活動家のマット・テイラー氏が、川田さんが所属していた芸能事務所幹部を提訴したことを明らかにした。テイラー氏は「亜子が殺された事実が裁判のなかで公になる」と話しているが、所属事務所は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

訴訟で自殺をめぐる事実が明らかになる?

「訴訟を起こしたのは間違いありません。これで真実が、亜子が殺されたという事実が(裁判のなかで)出てくる。(川田さんへの)脅迫や恐喝について、僕はすべて一緒に事実を見ているし、聞いている。これが裁判のなかで公になる」

   テイラー氏は2008年9月16日、J-CASTニュースに対し、このように話した。同氏によれば、同氏が代表を務める核兵器解体基金が原告となり、川田さんが所属していた芸能事務所幹部A氏を相手取り、名誉毀損、脅迫、業務妨害で08年9月12日までに東京地裁に訴えを起こしたという。訴状の内容については、「ノーコメント」としているが、「これが第一回目でスタート。まだ裁判を起こす」と、引き続いての訴訟も検討している、と明らかにしている。今回の裁判では、テイラー氏の基金に対するA氏の業務妨害などが主な争点となるようだが、そのなかで川田さんの自殺をめぐる事実が明らかになってくる、と言いたいようだ。

   川田さんが2008年5月26日に自殺してからすでに3か月あまり。死の直前まで綴っていたブログには「母の日に私は悪魔になってしまいました」などと精神的に不安定だったと思わせる記述を残しており、テレビ出演していた川田さんの様子から「鬱と不安を伴う適応障害では」といった専門家からの指摘もあった。

芸能事務所は「訴状が届いていないので、コメントできない」

   所属事務所からは「今回の件につながる理由が皆目見当もつきません。所属事務所としては、本当に驚いているとしか言えません」とのコメントが発表されたが、その後も川田さんが自殺に至った経緯をめぐって様々な憶測が飛び交った。

   「週刊文春」(2008年6月19日号)は、川田さんの死後約10日後にテイラー氏に取材しており、同氏が自殺直前に受けとった手紙に「自殺に結びつくような、ある事実が書かれていた」ことなどを紹介し、テイラー氏がA氏を訴えると報じている。

   また、2008年9月16日発売の「FLASH」は、「うつ病だった亜子は所属事務所幹部だったA氏からの電話にずっとおびえていたんです」「A氏の行為は殺人罪に匹敵すると思う」というテイラー氏のコメントを紹介し、08年9月にテイラー氏がA氏を名誉毀損で訴える、と報じていた。

   川田さんが所属していた芸能事務所は、「確認したが、訴状が届いていないので、コメントできることはない」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中