マンガ評論家 伊藤剛と岡田斗司夫 「NHK出演取り止め」巡り摩擦?

印刷

   マンガ評論家の伊藤剛さんが自身のブログで、NHKの番組「BSマンガ夜話」のゲスト出演が決まっていたのに突然降ろされた、と明かしている。理由は同番組レギュラーの評論家・岡田斗司夫さんの圧力のせいだというのだ。

「伊藤さんはちょっと違うんじゃないか」

マンガ評論家・伊藤さんのブログ「伊藤剛のトカトントニズム」
マンガ評論家・伊藤さんのブログ「伊藤剛のトカトントニズム」

   伊藤さんが書いたのは、ブログ「伊藤剛のトカトントニズム」(2008年9月18日)。この日は「BSマンガ夜話」の放送日で、伊藤さんが出演するはずだったのだという。08年8月22日に番組制作会社からゲスト出演の依頼があった。マンガ「よつばと!」について語り合う番組だったため楽しみにしていた。しかし、08年9月3日、NHKと制作会社の担当者から出演は取りやめ、という通告と謝罪を受けた。

「岡田斗司夫氏より、『伊藤さんはちょっと違うんじゃないか』と言われた」

ということだった。

   岡田さんの意向が優先されたのは、岡田さんが番組レギュラーの地位にあっただけでないと主張する。

「NHKの番組担当者の一人は、(岡田さんが主要メンバーを勤める私的団体の)『と学会』のバッヂをつけてぼくの前に現れていた」

   つまり、NHKは岡田さんと「一心同体」だったというわけだ。伊藤さんの出演が決まった背景は、NHKではなく、番組制作会社が伊藤さんの過去の仕事を評価したから。NHKの担当者が番組の企画に加わった時点で、岡田さんの圧力が生まれ、自分は切られたのだ、という解釈なのだ。

   伊藤さんと岡田さんは過去から因縁がある。98年に岡田さんの編集で刊行された「国際おたく大学」(光文社)をめぐり、伊藤さんは岡田さんと出版社を名誉毀損で訴えた。自分について書かれた記事が誹謗中傷に満ちていたという理由だ(後に、出版社側が謝罪文を掲載し和解)。また、伊藤さんは08年5月にブログで岡田さんの著書を批判したこともあった。そうしたことが、今回のゲスト出演を降ろされる背景にあったに違いない、と伊藤さんは見ている。ただし、先の裁判でも被害を受けたのは自分であり、加害者が被害者を「切る」のは立場が逆で、出演をふいにされるのは不条理、と考えているようだ。

「伊藤氏には了承いただいております」

   もっとも、伊藤さんにはNHKからこんな説明があったという。

   「伊藤さんはちょっと・・・」と岡田さんは言ったが、「ゲスト出演させるな」とは言っておらず、出演取り止めはあくまでNHKの判断だった――。

   伊藤さんはブログの最後に、一部のテレビ誌に自分の出演が告知されていたため、楽しみに待っていたファンもいたかもしれないとし、

「見たかったという方がもしおられましたら、番組にFAXを送り、その気持ちをNHKに伝えてくださればと存じます」

と結んでいる。

   実際にこのようなやり取りが伊藤さんとNHKにあったのだろうか。J-CASTニュースがNHKに取材すると、広報局は、

「伊藤氏に出演を依頼したのは事実です。NHKが総合的に判断した結果、出演を見合わせました。この件については伊藤氏にお話をして了承いただいております」

とだけ回答した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中