加護亜依、八重歯を矯正 「好きだった方ごめんなさい!」

印刷

   タレントの加護亜依さんは八重歯を矯正したと、2008年9月18日のブログで報告している。

「八重歯が好きだった方ごめんなさい!」

   八重歯のせいで周りの歯が歪んできた上に、噛みあわせが悪くて頭痛に悩まされていた。何より、「芸能人は歯が命!」なのだとか。

   ブログに、歯科医院で撮ったと思われる治療前の写真を載せている。

   また9月17日に、「あたし顎に対して歯が少ないのです、だから矯正してます」と、明かしていた。この日のブログには、「invisalign(インビザライン)」と書かれた袋の写真が載っている。インビザラインとは透明のマウスピースのような矯正器具で、目立たず、食事の時などに取り外すことができる。女優の柴田理恵さんも最近、同様の矯正をしていると、ブログで明かしていた。値段は100万円前後。治療期間はおよそ1~2年かかる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中