米大統領が緊急演説 「投資家の信頼回復に取り組む」

印刷

   ブッシュ米大統領は2008年9月18日に急きょ演説を行い、金融不安の広がりについて「米国民が持つ金融市場と経済が置かれた現状への懸念を共有する」と述べた。ブッシュ大統領は、米保険最大手AIGの政府救済などを挙げて「これらは必要で重要な措置だ」と述べ、「今後も、米金融市場を強化し安定させ、投資家の信頼回復に向けた取り組みを続ける」と話した。ブッシュ大統領は演説のなかで、この日の予定をキャンセルし、金融市場の状況についてポールソン財務長官らと対応を協議することを明かしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中