「NewsWeek」読む有吉弘行 何かを企んでいる?

印刷

   俳優で「羞恥心」のリーダー・つるの剛士さんが2008年9月19日のブログで、お笑い芸人の有吉弘行さんと新幹線で偶然一緒になったと報告している。

   名古屋ロケのあとに飛び乗った新幹線の中で、有吉さんと遭遇した。同じ事務所の「同期」なのだという。「お疲れっす」と軽く挨拶したところ、

「なんだよ~羞恥心うっぜーな~
あっちいけよ糞野郎。羞恥心のメンバーと勘違いされんだろ!」

   と、仲がいいのだろう、いつものように毒を吐かれた、と紹介している。

   この時有吉さんは、アメリカの週刊誌「NewsWeek」を真面目に読んでいたそうだ。掲載された写真によると、眉間を寄せて、賢そうな表情をしている。

「ボキ『なんか難しそうなの読んでますね』
と言うと
有『これ読んでるなんて誰にも言うなよ!』
ってしきりに言ってます」

   つるのさんは、有吉さんが何かを企んでいるのではないかと、気になっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中