スザンヌ 「幸せになりたいって思う気持ちが大切」

印刷

   タレントで歌手のスザンヌさんが2008年9月21日のブログで、「幸せ」について考えを巡らせている。

   この日、テレビ朝日系トーク番組『ロンドンハーツ』の人気企画「格付けし合う女たち」に参加した。テーマは「毎日幸せそうじゃない人」。スザンヌさんはトークを通じて、幸せについての色々な想いがあることを初めて知った、と振り返っている。

「幸せって思うのが怖いとか。
幸せなことがあると、いつか来るかもしれない不幸が怖くて。とか長く続かなそうで。。
とか、幸せになるために生まれて来たんだから、楽しく生きていかなきゃ。って言う人とか。
本当色々(´∀`)」

   スザンヌさん自身は、「幸せになるために人は生まれてきたって思ってるタイプ」なんだとか。が、共感する部分も多かったみたいだ。そんな中、スザンヌさんの心に残っている言葉を紹介している。コピーライターの、ひすいこたろうさんの本の一節だ。

「あなたの退屈だと思って過ごした今日は、昨日亡くなった人がどうしても生きたかった明日なんだよ。」

   この言葉を知って以来、毎日を精一杯生きようと思っているし、幸せになれるように努力もしていると、つけ加えている。

「幸せのかたちは人それぞれ色々あると思うけど、幸せになりたいって思う気持ちが大切かなぁって思います」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中