GMの商用トラック部門売却 いすゞに背負う力あるのか

印刷

   米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)が、国内トラック大手のいすゞ自動車に対し、商用トラック部門の売却を非公式に打診していたことが分かった。交渉が具体的に進むかは極めて流動的だが、GMがかつての支援先だったいすゞから逆に支援を仰ぐ形になったことは、日米自動車業界の地位の逆転を意味し、世界的な業界再編につながる可能性もにじませている。

具体的な譲渡交渉が始まるのかどうかは不透明

   経営不振にあえぐGMが、トラック部門の大半にあたる中型トラック部門を売却する意向を固め、いすゞ側に譲渡話を持ちかけたとされる。関係者によると、今後、GMが具体的な譲渡額や条件などを正式に提示する見通しとの見方もある。

   GMは1990年代、経営不振に陥ったいすゞに出資し、再建に力を貸してきた。しかし、その後は米国内の人件費の高騰や日本メーカーの台頭などの影響で、GMの経営は次第に悪化。GMはいすゞとの資本提携を06年に解消した。さらに、最近のガソリン高騰と米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に端を発した米景気の冷え込みは、GMの主力である大型車離れを加速。GMは深刻な販売不振に見舞われ、経営の厳しさは増している。2008年夏にはGMの経営破たん説まで浮上したうえ、米証券大手、リーマン・ブラザーズの経営破たんによる米国の金融危機がGMの経営悪化にいっそう追い打ちをかけている。

   そんな中で浮上したいすゞへのトラック部門譲渡説。しかし、自動車業界関係者の中には、「いすゞにはGMの一部門を背負い切れるほどの力はない」との見方が根強い。いすゞ関係者でさえ「数百億~数千億円とされる譲渡額を支払うなど、うちにとってはあり得ない」とも話しており、具体的な譲渡交渉が実際には始まるのかどうかは不透明といえる。

GMは大型車「ハマー」ブランドの売却も検討?

   ただ、米自動車大手3社(ビッグ3)の雄であり、かつてはその地位が揺らぐことなど想像もできなかったGMが、いすゞに支援を仰ぐ可能性が浮上するほど追いつめられているのは事実だ。GMは実際、大型車「ハマー」ブランドの売却の検討も進めているとされる。GMがさらに他の事業の売却や提携などを検討する可能性も少なくないうえ、同じビッグ3のフォードも「ボルボ」ブランドの売却を進めるとの観測もささやかれている。ビッグ3の大型売却交渉にはトヨタ自動車などの日本の大手メーカーのほか、欧州や新興国のメーカーが絡んでこないとも限らず、自動車業界の世界的な再編に発展することもあり得なくはない情勢だ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中