misono 「可愛いこぶったりするの、嫌い」

印刷

   タレントで歌手のmisonoさんが2008年9月23日のブログで、「恋愛」についての深い考察を展開している。

   misonoさんは普段、男性からは「misonoを女の子として見れない」と言われる一方、女性からは「モテないって嘘でしょ」と言われるという。そんな中、お笑い芸コンビ・ロンドンブーツ1号2号の、田村淳さんからは、「モテようとしてないじゃん」と指摘されたようだ。「確かに!」と納得するmisonoさんには、次のような理由がある。

「だって、好かれようとして、
女らしくしたり、可愛いこぶったりするの、嫌いなんだもーん!
駆け引きしたり、計算したりするの、できないんだもーん!」

   そんな風に偽った自分で好きになられても、嬉しくない、というのがmisono流のようだ。さらに、いつかバレるしね、とつけ加えている。そういうわけで、「最初から、自然体の自分でいきたい」と考えている。

「『そのままの君が素敵』って言ってもらう為にも、
日頃から(内面から)自分磨きしなきゃいけないし」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中