金相場が再び上昇 「不況に強い」を見せつける

印刷

   金相場が再び上昇している。米証券大手のリーマン・ブラザーズの経営破たんやアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)への公的資金の注入を引き金に、世界中の投資マネーが株式や債券、証券化商品に代わる投資商品を探してさまよう中で、金は2008年9月18日に過去最大の上げ幅を記録した。7月15日に年初来最高値の1グラム3339円(田中貴金属工業、小売価格)をつけて以降、下落傾向にあっただけに不況時に強い「金」を見せつけた格好だ。

田中貴金属のWEBサイトにアクセスが集中

リーマンショックで「金」再び上昇
リーマンショックで「金」再び上昇

   9月15日のリーマン・ブラザーズの経営破たんを境に金相場が上昇している。前週の12日に小売価格で1グラム2758円を付けていたが、これは最近の1か月間の最安値だった。それが連休明けの16日には22円値上がりして2780円。田中貴金属工業では16日、インターネットで金相場などを知らせるWEBサイトに朝からアクセスが集中したため、一時システム・トラブルが発生したほどだ。

   9月24日には1グラム3178円となり、リーマン破たん前と比べて420円上昇。年初来最高値の3339円も見えてきた。田中貴金属は、「金融市場の混乱で金の価値が再び見直されていて、ある程度のシフトが予想されます」(貴金属部)と話している。

   「リーマン・ショック」によって世界中が金融不安と経済不況に陥ったため、株式や債券といった証券市場から投資マネーが逃げ出している。米国景気の低迷観測から原油価格も一時1バレル100ドル割れもチラついた。いまの不況は米国だけでなく世界的で、「そこには資源国も含まれています」(田中貴金属)。そのため、原油価格なども安定しない。

先行き不透明で「プロでもむずかしい」相場

   9月21日に米政府が最大7000億ドルの公的資金を投じて金融機関の不良債権を買い取る金融安定策を発表したことが伝わると、景気低迷への不安感が後退し22日以降の「原油は大きく反発している」(東京工業品取引所=TOCOM)。そうした中で金は、原油ほどの乱高下なく、しっかりとした歩調で上昇しているようだ。

   とはいえ、TOCOMは「金も原油も、小康状態とみていい。流れはまだ、どうなるかわからない」と、投資に慎重さを求める。

   田中貴金属も「先行き不透明で、プロでもむずかしい局面。値動きが大きいので、短期売買はあまりにリスキー。お勧めできません」という。しばらくは一喜一憂する相場が続くとの見方で一致しており、市場をじっくり監視したほうがよさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中