東国原知事 「小泉元総理の引退、ちょっとずるい」

印刷

   宮崎県知事の東国原英夫さんは2008年9月25日のブログで、今季限りで政界を退くことになった小泉純一郎元総理について、コメントしている。

   「小泉元総理がついに引退された。ちょっとずるい感じがする」。というのは、「引き際がちょっとカッコイイからだ」という。

   東国原さんは、小泉元総理の政策について評価しているようだ。規制緩和、構造改革を提案、景気浮上のきっかけを作ったのが小泉元総理。

   一方で、格差が拡大されたこと、地方では、都市部の好景気の恩恵にあずかることができなかったなどの問題をはらむ。だが、東国原さんは「国民に元気と希望を与えたことは事実である」と強調している。

「(小泉)氏は、確実に歴史に残る。この引退によって、後世に語り継がれる政治家になった。氏の映像はいつまでも残るだろう。人々の記憶にも残るだろう」

   東国原さんは、小泉元総理の引退で一つの時代が終わり、新たな時代が始まることを予感しているようだ。今後、日本はどうなるのか。東国原さんは、政治学上、国民のレベルに見合ったリーダーしか生まれない、と指摘。そのためにも、「我々国民が自らのレベルを上げるしかない」と、決意を新たにしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中