安田美沙子 「密かに握手」した「世界プレイヤー」

印刷

   タレントの安田美沙子さんは、バスケットボールの田臥勇太選手を応援するため、栃木県宇都宮市で行われた日本リーグを観戦した。田臥選手は、日本人史上初のNBAプレイヤーで現在は「リンク栃木ブレックス」に所属している。

   観戦したのは2008年9月26日の試合で、27日のブログにその感激を綴っている。

「待ちに待った、栃木、宇都宮まで田臥選手を応援しに行きました!」

   安田さんが田臥選手を応援するのは、これが初めてではない。安田さんが高校1年生の頃、当時バスケの名門・能代工業高校で活躍していた田臥選手の試合を観戦したことがあるという。プレイもさることながら、その時に握手してもらったことが思い出に残っている。

   10年が経ち、田臥選手の試合が栃木で行われることを知った安田さんは、即効知り合いに連絡して仲間4人で応援に行くことにした。久々に見た田臥選手は、「かっこよかった!」と大感激だ。

「プレイもすばやさも、パスさばきも、ジャンプの滞空時間も、ディフェンスも、彼一人の中身は計り知れないもんがありました」

   残念ながら田臥選手の所属するチームは負けてしまったが、試合後に握手してもらう。

「あれは無限パワーや。
10年ぶりに密かに握手してもらって、勝手にめちゃくちゃパワーもらったつもりです!!」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中