「ボキャ天」優勝の若手・イワイガワ 「感謝の限界」

印刷

   1990年代の人気お笑い番組「タモリのボキャブラ天国」が2008年9月28日、「大復活祭スペシャル!!」として一夜限り復活し、放送された。当時のレギュラー出演者、爆笑問題、ネプチューン、パイレーツ、BOOMER、アニマル梯団らが新ネタを披露した。

   そんな中、若手お笑い芸人らも別枠で参戦。「NEWキャブラーキング」の決定へ42組が競い合った。優勝は30点満点をたたき出した、結成5年目のコンビ・イワイガワ。同じく30点満点のザ・たっち、サンドウィッチマン、友近といった実力者を抑えての勝利となった。

   イワイガワの二人は08年9月28日に更新したブログで、「感謝の限界」と題した記事を公開している。番組終了後、ブログへのコメント数も増加したらしく、こんな風にテンションも高い。

「おぉーっ!驚く程のコメント数の増加!!恐るべしゴールデンの影響力!!
コメント下さった皆様本当に本当に有難うございますm(__)m!!
一語一句逃さず全て読ませて頂いております!」

   また、優勝時に獲得した「座布団」については、「実はまだ我々の手元に届いてません」と明かす。番組内でも公言していたように、ツッコミ担当の井川修司さんが持ち帰ることになるらしい。座布団が届き次第、写真を掲載したいとしている。

「今回は運良く優勝する事が出来ました
もちろん首がもげるほど嬉しかったですが
イワイガワはこの結果に慢心する事なく
頑張っていきますわ」

   ちなみに、サンドウィッチマンの富澤たけしさんもブログで、「ボキャブラ王者、おめでとうございます!!!」とイワイガワの二人を祝福していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中