梅宮アンナ ウサギ中心の生活「大変だが、やめられない」

印刷

   タレントの梅宮アンナさんは、最近飼い始めたウサギ中心の生活になっていると、2008年9月28日のブログに書いている。

   ウサギの「ノア」が梅宮家にやってきて3週間が経った。このウサギはテレビ番組をきっかけに、お笑いコンビ「髭男爵」のひぐち君こと樋口真一郎さんから譲り受けた。日に日に体が大きくなり、新しい環境にも慣れてきたという。

   梅宮さんの朝はノアのケージの掃除から始まる。干し草を入れ替え、大好物のチンゲン菜やキャベツ、人参をあげる。一番大事なのは、トイレをきれいにしてあげることだ。

   順調そうだが、悩みもある。それは、「何でもかじってしまうこと」。電気コードや壁のかどに、対策をしなくてはならない。

「大変ですが、ノア中心の生活はやめられないな」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中