「よゐこ」有野  長女がしゃべる不思議な言葉とは?

印刷

   お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉さんは、2歳の長女がなにやら不思議な言葉をしゃべるという。2008年9月28日のブログに書いている。

   有野さんが退院後に自宅療養していた時のこと、長女が「あ! あぼじった!」とよく言っていたのが気になっていたそうだ。何度も言うが、意味はまるでわからない。

   ある日、長女の面倒を見てくれている後輩の奥さんと、食事に行くことになった。すると例によって長女が「あ! あぼじった!」と言う。

   すかさず、有野はこの奥さんに「これ、よう言うねんけど何か分かる?」と尋ねると、

「あぼぢったですか? バイキンマンが言ってたんですよ」

   家に帰り、早速アニメ「アンパンマン」で確認すると、アンパンマンの敵、バイキンマンが悪だくみを考えてこう言った。

「あ~、思いついた!」

   長女もすかさず、

「あ~!あぼぢった!!」

   とマネした。

   言葉は違うが、なんとなく響きが似ている。

「そうか! 長女は1日何回もあぼぢってたのか!!?」

と納得する一方で、どんな悪だくみを思いついたのかと気になるところだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中