「羞恥心」野久保 「彼女は、作らないだけです」

印刷

   ドラマやバラエティに大活躍している「羞恥心」の野久保直樹さんは、ブログのコメント欄で共演者とラブラブにくっけようとする人がいる、と困惑している。2008年9月29日に書いている。

「コメントを読むと、僕とその日の共演者の人をラブラブに、くっつけようとしたりする人がいますが、それはいけませんよ?(笑)」

   野久保さんは11月3日から放送されるTBS系昼ドラマ「パンダが町にやってくる」でパティシエを演じる。森三中・村上知子さん演じる新妻を愛するという設定だ。ほかにもバラエティなど数々の番組にひっぱりだこだが、共演者について「付き合ってるんですね~」や「仲悪いのね?」といったコメントを書き込まれたり、行き過ぎて、ひどい言葉でケンカになっていたりすることもあるという。

「僕のブログで、仲間、友達や家族、共演者の事を悪く書かれるのはイヤです。
人間として仲間を思うのは普通の事ですよね?」

   そうは言っても、ファンにとってその手の話は一番気になるところ。

「…これだけは教えてあげる♪
彼女が出来ないんじゃなくて、作らないだけです」

   仕事が優先の時期だから、「いまは大丈夫です!」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中