古田敦也、一念発起 「20世紀少年」24冊読み直し

印刷

   元プロ野球選手の古田敦也さんが2008年9月29日のブログで、読書の秋を満喫していると報告している。

   「めっきり涼しくなってきました。やっと秋って感じですが気持ちのいい季節です」。丁寧な時候のあいさつから入る古田さん。休日は、映画「20世紀少年」を観にいきたいと意気込んでいる。

   そんな中、映画に行く前に、原作漫画を読み返したそうだ。あまり漫画は読まない方というが、「20世紀少年」は友人の熱心な薦めがあった。ただ、「謎の多い作品」だけに、一度読み終えただけでは、いまひとつ納得できない箇所もあるという。今回、一念発起して、全24冊を読み直すことにしたのだ。

「一気に読もうと思ったんですがさすがに休み1日では無理でした。
3日ほどかかりましたが面白かったですね
いかに最初をちゃんと読んでなかったということを認識しましたね」

   そういうわけで、映画に行くのも楽しみになってきた、と古田さん。ちなみに、「容疑者Xの献身」も、もう一度読み直したいそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中