「カラテカ」矢部太郎 「僕はこの31年間、何をしてきたか」

印刷

   テレビ番組のロケでねずみの捕獲を体験したというお笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎さんは、これをきっかけに自分の人生について考えたようだ。2008年9月30日のブログにつづっている。

   この日、飲食店でねずみ捕獲のロケがあり、ねずみ捕りプロのすごさを目撃する。何がすごいのかというと、プロは閉店から開店まで張り込む。ひたすら待ち続ける姿を見て、矢部さんは「待つということのプロでもある」と感じる。

   すると、「プロ」がこんな話をした。ねずみは妊娠して20日で子供が生まれて、5日でまた妊娠できるようになる。その子供も2、3カ月で大人になって、子供をつくる。理論値では1年で1万匹にもふくれあがる。

「乳類の祖であるねずみのこの姿勢
ぼくには全く残っていないです」

   さらに現在31歳の矢部さんは、「僕はこの三十一年間いったいなにをしているんでしょうか」「20日前と今の僕なにがちがうでしょうか」と、ねずみと比べている。

   こうして深く考えさせられたのは、それほど「待つ時間が長かった」のだとか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中