ベイスターズ石井琢朗 「志半ばで、まだまだ引けません」

印刷

   プロ野球横浜ベイスターズの石井琢朗選手(38)が2008年10月3日のブログで「引退」を否定。「自分の野球人生に悔いのないように」とも綴っているが、今のところ来季の去就ははっきりしない。

   自身の「戦力外」「引退」報道に驚いているという石井選手。いきなり、渦中、いや火中に放り込まれた感じだったと振り返ると同時に、「お陰で今日一日、すっげぇ居心地悪かった。何か、俺が悪いの?って言うか悪いもの全部背負ってるような気分にさえなったよ」。

   ここ数年の状況をみれば、球団が「戦力外」と判断しても不思議はない。球団から何か厳しい話をされたのは間違いなさそうだが、石井選手は、自身の野球人生を悔いないものにすべく、たとえチームが変わっても現役を続ける意向だ。

「帰りの駐車場でのたくろーコールも嬉しくて
感極まったけど、けど泣けないんだよね。
まだ、引退するわけじゃないから」
「そして引き際は自分で決めます。
せっかく前向きに進んでるところ、後ろ髪引っぱられても。
こんな志半ばで、まだまだ引けませんよ」
「引き際に美学はあっても
引退は美学ではありませんから」

   ファンからのエールは励みになるとしながらも、「今はあまりあおらないでそっとしておいて下さい。辛いです」と、心中は複雑のようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中