ネット上の言葉遊び「縦読み」 トヨタ批判新聞コラムで使われた

印刷

   西日本新聞がコラムで、ネットで使われる言葉遊びの「縦読み」を試したと話題になっている。トヨタの取材対応を批判しながら、縦読みでその名が分かる仕組みだ。ただし、トヨタ側はその内容に猛反発している。

「この一文に筆者の意志の弱さが見えるな」

縦読みを試みた西日本新聞コラム
縦読みを試みた西日本新聞コラム
「2ちゃんねらかよこの記者はw」「いいぞ。もっとやれ」

   ネット上ではおなじみの「縦読み」が、新聞のコラムでも試みられた。このことに対して、300件以上のはてなブックマークが付き、驚きが広がっている。

   そのコラムは、西日本新聞の2008年10月6日付「デスク日記」。九州にある自動車メーカーの部品工場に爆発物が投げ込まれた事件で、メーカーの取材対応を批判したものだ。

   コラムによると、広報担当者が当初「事件については言えません」の一点張りで、ようやく数時間後に「再発防止を望む」とコメント。07年の工場起工式も非公開で、「式典風景を公道から写真に撮ろうとすると、建設会社の人や警察官から制止された」という。そのうえで、企業の説明責任を考えるよう求めているのだが、メーカー名がコラムでは伏せられているのだ。

   コラムでは、最後に、カッコ内で縦読みを示唆する。「各段落の頭文字がヒントです」。これに従って、頭文字を追うと「とよた」となる。もちろん、トヨタ自動車のことだ。ただ、トヨタ自動車九州の小倉工場で08年9月16日、爆発物が投げ込まれたとみられる器物損壊事件が発覚しており、コラムを読めば、この事件を指すことは自明だ。それにもかかわらず、なぜ縦読みを試みたのか、不思議がる声が上がっている。

   はてなブックマークでは、「圧力に負ける新聞社宣言?」「自分自身にタブーがあることをパロディ化されたタブーとして描くというのはどういうことなんだろう」とのコメントが。縦読みも使われる2ちゃんねるでは、トヨタへ配慮したのではないかとの見方が出て、「この一文に筆者の意志の弱さが見えるな」といった批判的な書き込みもされている。

「社名を隠すわけではなかった」

   縦読みを除けば、コラムでは名指しされなかったトヨタ自動車九州。ところが、同社の広報担当者は、その内容に怒り心頭の様子なのだ。

   「われわれとしては、事実誤認だと考えています。事件については、福岡県警から説明するので話さないように要請があり、当初はマスコミへの対応を警察に一本化していました。警察の捜査に関わる案件は、被害者からは軽々に言える立場ではありませんから。ですが、広報担当者は事件現場に出向いており、捜査関係以外の質問についてはきちんとお答えしています。『言えません』の一点張りで対応したことはありません」

   その後は、県警と調整し、ある程度、事実関係を話すことの了承を得て、マスコミにも説明しているという。

   起工式の非公開については、「ハイブリッド車の部品を生産しており、機密性、安全性などを総合的に勘案して決めました。しかし、マスコミに対しては、時期を改めて、この秋にも工場をお披露目することにしています」と話す。そのうえで、「説明責任は果たしていると考えています」と断言した。縦読みについては、「こちらが答える立場にはありません」としている。

   縦読みは、文章とまったく逆の意味を持つ言葉を織り込む場合が多い。とすると、批判とは裏腹に、トヨタへの配慮だったのか。そして、その試みは失敗したということなのか。

   コラムを書いた西日本新聞社のデスクは、「トヨタの社名を隠すわけではなかった」と配慮を全面否定。そのうえで、縦読みの狙いを次のように説明する。

「企業はきちっと誠実に対応するのが筋で、トヨタだけの問題ではないということを表現しようと考えました。ちょっと目を引き付けるやり方にしたかったこともあります。言葉遊びの本を読んだのがきっかけです」

   事実誤認との指摘については、「それはトヨタさんの見解で、解釈の違いだと思います。説明責任を果たしていないとは言っておらず、もっと考えてほしいと言っているだけです。事件のときに聞くのは、その絡みを確かめたいからです。ちょっとでも関係あると説明もダメというのは、頑なな姿勢だと思います」と反論している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中