GT-Rとポルシェどっちが速い 日独メーカー間で場外バトル

印刷

   日産のGT-Rが出したとする市販車最速タイム(当時)に、ポルシェが噛み付いている。テスト当時はレース仕様だった疑いがあるというのだ。本当のところ、どっちに軍配が上がるのか。

テストでレース仕様のタイヤ? 日産は否定

GT-Rを取り上げた豪大衆紙ヘラルドサンの記事
GT-Rを取り上げた豪大衆紙ヘラルドサンの記事
「ゴジラ(Godzilla)はウソをついたのか?」

   こうセンセーショナルな見出しを打ったのが、オーストラリアの大衆紙ヘラルドサン。ゴジラとは、「NISSAN GT-R」の海外での愛称だ。このほか、自動車専門紙Cars Guideなど主に豪メディアが2008年9月30日から、GT-Rの最速レコードに疑いがあるなどと報じている。

   日産自動車は08年4月16、17日、ドイツのニュルブルクリンクのサーキットでGT-Rのテストを行い、当時としては市販車最速の周回タイム7分29秒3を叩き出した。ところが、独ポルシェの開発責任者が、豪メディアに対し、「テストしたGT-Rは、市販車ではなく、ほかのタイヤを使ったものと考えられる」と説明したというのだ。それによると、「セミスリック」と呼ばれるレース仕様のタイヤを使った可能性があるという。

   そして、ポルシェは、米国で6月から販売中のGT-Rを買い、ニュルブルクリンクサーキットで「911 ターボ」とその高性能版「911 GT2」との比較テストをした。その結果、GT-Rは、7分54秒と日産のテストより25秒も遅かった。一方、911 ターボは7分38秒、911 GT2は7分34秒だった。このことから、開発責任者は、「GT-Rは、911より20キロほども重い」とジョークめかして語ったという。

   こうしたポルシェの指摘に対し、日産側は全面的に反論している。同社広報部では、次のように説明する。

「テストでは、市販車を使いました。はいているタイヤも市販のものでラップタイムを出しました。セミスリックといったレース仕様のものでは、決してありません。自動車雑誌『ベストモータリング』の方に第三者としてご招待申し上げ、走行シーンを撮影して7月号付録のDVDにしてもらっています。それをご覧いただければ、疑いがないことが分かります。ポルシェ側は、テストで違うタイムを出したようですが、そこにうちがいたわけではありませんので、そのテストについてお答えする必要はないと思っています」

「テストは、まだ販売していないモデルで行った」

   結果として、日独両メーカーが「うちの方が速い」と主張して譲らない形だ。この「場外バトル」をどのように見たらいいのか。

   過去にスカイラインGT-Rやポルシェのタイヤテストも行っていたモータージャーナリスト兼レーシングドライバーの清水和夫さんは、その内情について次のように明かす。

「08年4月の日産のテストは、まだ販売していない『V-SPEC』というモデルだったのでは。確かに、まだ市販車ではありませんが、レース仕様でもありません。ポルシェがレース用タイヤというのは間違いで、正しいタイヤを使っています」

   これは、ニュルブルクリンクを5000ラップ以上も走る経験豊富なプロドライバーとしての言葉だ。そして、自らサーキットテストをしたことを振り返り、こう話す。

「911 ターボと比べると、GT-Rの方が速いのは間違いありません。しかし、911 GT2の方が、GT-Rより速いと言えます」

とすると、ポルシェのテストも疑問があるということなのか。これに対し、清水さんは「アメリカから新車のGT-Rを空輸で運んだので、まだ慣らし運転がされている状態でなかったのでは。ドイツでは性能にものすごくシビアで、後でクレームの対象になりますから、市販車できちんとテストしたのは間違いないでしょう」と言う。

   そのうえで、清水さんはこう提言する。

「今回の話は、ニュルブルクリンクの開発テストの結果のことです。商品としての性能比較なら、第三者の任意団体が比べないといけません。お互いにメーカー同士が言い争っても仕方がありませんから。でも、ポルシェが怒るのは、あまりにもポルシェターボをGT-RをPRするときのベンチマークにしたことが原因です。喧嘩を売ったのは日産ですが、ポルシェは我慢できなかったのでしょう」

   なお、日産広報部によると、GT-Rは、07年12月6日に国内で発売されてから、08年8月末までに1万1000台を売り、予想より多いペースで売れている。アメリカでは、すでに1000台以上が売れ、「非常にいい車」と評価されているという。欧州では、09年中に発売する見込み。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中