ネットの有害情報対策協議会 メンバーだけ大物そろえたが

印刷

   青少年らをインターネットの違法・有害情報から守るため、ネット関連企業や日本PTA全国協議会などは2008年10月8日、「安心ネットづくり」促進協議会を09年1月に設立すると発表した。設立の発起人には、携帯電話会社やネット関連企業のトップや学識経験者、PTA代表ら錚々たるメンバーが名を連ね、民間主導の対策強化をアピールした。しかし、出席者の意気込みや黒子役の総務省の期待とは裏腹に、同協議会の事業計画は具体策に乏しく、掛け声倒れに終わりそうな雰囲気だ。

一読しただけでは意味不明な言葉が並ぶ

   東京・虎ノ門のホテルで開かれた設立発起人の記者会見には、NTTドコモの山田隆持社長▽KDDIの小野寺正社長▽ソフトバンクモバイルの孫正義社長▽ヤフーの井上雅博社長▽ミクシィの笠原健治社長らが出席。当日は欠席だったが、楽天の三木谷浩史社長▽東京海上日動火災保険の石原邦夫会長▽マイクロソフトの樋口泰行社長▽富士通の間塚道義会長▽ベネッセコーポレーションの福島保社長らも発起人メンバーとして紹介された。

   これだけ業界横断的な企業のトップが、ひとつの民間団体の設立にかかわるのは珍しい。自殺サイトや学校裏サイトなどが社会問題となる中、「政府に法規制を強化される前に、業界として自主的に問題解決に取り組む姿勢をアピールすること」(関係者)が、今回の狙いであるのは言うまでもない。

   ところが、発起人の一人で、慶応大学教授の中村伊知哉氏の司会で始まった会見は精彩を欠いた。配布された資料の中には、今後の活動の三本柱として、(1)総合的なリテラシー向上の推進(2)民間による自主的取り組みの促進(3)利用環境整備に関する知見の集約――など、黒子役の総務省が書いたのかと疑いたくなるような抽象的で、内容の乏しい言葉が並んだ。「eネットキャラバンを踏まえた普及啓発活動の検討」「インターネット甲子園」「『eネットづくり!』宣言事業の展開」など、一読しただけでは意味不明と言わざるを得ない言葉が並んだ。

「子供の年代に応じた携帯端末の開発」の提案

   会見では、これらの抽象的な文言について、具体的な回答を求める質問が相次いだが、中村氏は多くを語らず、質疑応答はかみ合わなかった。これに対して、日本PTA全国協議会の曽我邦彦会長は「子供の年代に応じた携帯端末の開発など、メーカーは子供に安全な製品を提供していただきたい」と、唯一とも言える具体的な提案を行った。これに対するメーカーや携帯電話会社の回答はなかったが、09年1月に設立される同協議会は抽象的なお題目でなく、具体策を示さなければ、存在自体が問われることになるだろう。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中