コナミとマイクロソフト関係強化説 「メタルギアソリッド」が「Xbox」へ!?

印刷

   大ヒット中のコナミの家庭用ゲームソフト「メタルギアソリッド4(MGS4)」が、マイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox360」用にも開発される、と一部メディアが2008年10月14日に報道した。「プレイステーション3」専用のソフトと思われていただけに、ゲームファンは騒然となったが、その記事の該当部分が一日たって変更された。「ガセだったのか?」とファンは混乱するが、背景には複雑な事情があるようだ。

「私どもは完全な事実を報道しています」

   「世界中で要望の多い『Xbox360』向け(MGS4の)発売も前向きに検討している」。こうしたコメントをコナミの広報担当者の実名入りで掲載したのは株式新聞の電子版「株式新聞速報ニュース」。08年10月9日から12日まで開催された「東京ゲームショウ2008」のレポートに出てくる内容で、ヤフーニュースなどにも配信された。コナミが世界戦略を進める中、人気ソフトは「PS3」だけに限定せず、他のゲーム機用にも開発する、というもので、

「(MGS)はソニー陣営の有力ブランドとなっているだけに、今後の動向次第ではコナミとソニーの株価に影響を及ぼす可能性も否定できない」

と記事を結んでいる。

   しかし、08年10月16日現在、記事にある問題の部分は削除され、コナミのサッカーゲーム「ワールドサッカーウイニングイレブン 2009」を「Xbox360」など5ゲーム機でマルチ展開する、という内容に変わっている。コメントしている広報担当者も別の名前だ。ネットの掲示板には、「結局ガセネタだったのか?」「たぶん出るぞ。出さないと断言してないのが証拠」などのカキコミがあり混乱している。

   なぜ記事の一部の削除、変更があったのか。J-CASTニュースが株式新聞に取材したところ、経緯は話すことはできないが「たぶんお考えになっている通りなのでは」としたうえで、

「訂正を出していないことでも分かるように、私どもは完全な事実を報道しています。削除、変更をしたというよりも、2種類の記事を掲載した、と思っていただければ」

といい、記事の内容については自信たっぷりなのだ。

コナミは「Xbox360」との関係を深くしていきたい?

   戦略諜報アクションゲーム「MGS」シリーズは、これまで全世界で2千数百万本を販売する大ヒット作品で、08年6月12日に発売された最新作「MGS4」は、08年8月初旬に同300万本を超えた。このゲームがやりたくて「PS3」を買ったファンも多かった。マイクロソフトにすれば、これだけの有力ソフトは是非欲しい。コナミにも事情がある。日本経済新聞08年8月6日の記事では、全世界で300万本以上売れた「MGS4」だが、そのうちの80%が欧米での販売だと書いている。欧米で「Xbox360」は「PS3」を凌ぐ人気の高さ。コナミが世界戦略を進める中で、「Xbox360」は関係を深くしていきたい存在になっているのだ。

   「MGS4」は「Xbox360」でもリリースされるのか。マイクロソフトの日本法人に取材したところ、同社広報は、

「コナミさんのゲームなのでコナミさんに聞いてください」

という事だった。コナミに取材すると、同社広報は、

「現在はPS3だけの発売で、それ以外は何も決まっていないというのが実情です」

とだけ話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中