秋葉原に女性「暴走族」出現で騒然

印刷

   東京・秋葉原に女性の暴走族(レディース)が現れた、とネットで騒ぎになっている。彼女達はバックに人気アニメのテーマ曲を流し、メイドさんなどのコスプレをしていた。その模様は投稿動画サイト「ユーチューブ」などにアップされている。

服装はメイド服や「ミニスカポリス」などのコスプレ

秋葉原に出現したレディースは『ユーチューブ』にもアップされている
秋葉原に出現したレディースは『ユーチューブ』にもアップされている

   アキバにレディースが現れたのは2008年10月19日午後2時30分ごろ。奇妙な服装をした女性が乗るバイクが車線をふさいでいる、と110番通報があり、パトカーが出動する騒ぎになった。バイクは6~7台で2人乗り。「美少女戦士セーラームーン」のテーマ曲を流し、空ぶかしによる激しいマフラー音を響かせていた。彼女達の服装はメイド服や「ミニスカポリス」などのコスプレ。頭にはヘルメット、顔にはマスクをしていた。年齢は10代~20代とみられる。

   ネットにはその時の写真や動画がアップされていて、歩道に大勢集まった見物客に対し、バイクに乗りながら手を振る姿などが映されている。現場は08年6月8日に無差別殺傷事件が起きた交差点から100メートルほど離れた場所。J-CASTニュースが警視庁に取材すると、110番通報を受け直ちに警官を現場に急行。厳重注意をして解散させたという。ただし、集団危険行為と判断できなかったようで、

「行為の目的や、どんな集団であるかの聴取はせず、集団の解散で治めたようです」

と警視庁広報は話している。

   無差別殺傷事件の記憶も新しいこの時期の騒動。ネットでは「暴走行為」にバッシングの嵐かと思ったら、それほどでもないようだ。ネットの掲示板やブログを検索すると

「かわいらしくていいじゃん ホコ天じゃないし まったく問題なし」
「また来てくれないのかな?」

など、応援するかのようなカキコミが出ているのだ。また、歩行者天国の再開を望んでいる人も多く、再開前の「新しいパフォーマンスの形か?」などと思っている人もいる。

バイクもオタク心くすぐる20年位前に販売された「旧車」

   本来なら暴走族に対する感情は嫌悪だけなはずだが、アニメやコスプレ好きという自分達との共通点があり、オタクを中心に親近感がわいてしまったのではないか――。ITジャーナリストの井上トシユキさんは反応をこう分析する。彼女達が乗っていたバイクもメンテナンスが大変な20年位前に販売された「旧車」。バイクオタクの心をくすぐるのに十分。

「人に迷惑をかけるためにアキバに来たとは考えにくく、騒動を知った人もイベントとして考えていて、一緒に盛り上がりたい、そんなふうに思っているのではないでしょうか」

と井上さんは話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中