グチをいって慰めてもらえる 「後悔」投稿サイトが人気

印刷

   会社での人間関係の悩みや夫や妻への不満を気軽に吐き出せる投稿サイトが話題を呼んでいる。ネットの住人がグチを聞いてなぐさめてくれるのがウケてる理由らしい。

書いた人読んだ人も元気や勇気もらえる

ネットの住人がなぐさめてくれるという投稿サイト「リグレト」
ネットの住人がなぐさめてくれるという投稿サイト「リグレト」

   「みんなでヘコめばコワくない!」。そんなキャッチフレーズの投稿サイト「リグレト」が2008年9月1日にオープンした。サイト名がregret(後悔)に由来しているように、後悔していることやヘコんだことを匿名で書き込むと、見知らぬネットの住人がなぐさめてくれるという仕組みだ。口コミで広がり、登録ユーザー数は1万人、月間約510万PVに上る。10月6日から携帯サイトもオープンした。

   書き込まれている内容は、恋愛や仕事、学校生活といった日常に関することが多い。例えば、「あんな男と付き合うんじゃなかった」「『おばさんどいて』と、はじめておばさんと言われた。おばさんという言葉の重みが身にしみてわかった」「気付くと飲み会続きでお金がない」という具合に、深刻な話というよりは、ちょっと誰かに聞いてもらいたいというノリだ。

   運営しているディヴィデュアル(東京都港区)によると、利用者は女性が59%、男性が41%。年齢別では20歳代から30歳代が多い。アニメーションを使ったサイトのデザインも若い女性に人気の理由となっている。書き込まれた後悔や不満は1つ1つが雲のようなイラストの中に表示されている。遠藤拓己代表取締役は、

「漫画で登場人物が悩んでいる時に出てくる、もやもやっとしたものをイメージしました」

   投稿できる文字は、50字まで。遠藤氏はその理由を説明する。

「文字数を制限しないと不満や悩みを詳しく書き込む人もいて、サイトが暗いものになってしまいます。ここで目指すのは、書いた人も読んだ人も元気や勇気をもらえるサイトです」

   1つのお題につき、なぐさめのコメントは平均5件程度ついている。「気にしなくていいよ」「そうだね」といった短いものが多い。「書き込む人は、アドバイスや説教じみたコメントを求めているのではなく、みんなが気にかけてくれていると思うと気持ちがほっこりとする」という。

   ちなみに、なぐさめのコメントが351件とダントツで多かったのが、こんなお題だった。

「辞任したけど、誰もお疲れ様って言ってくれない」

   福田康夫前首相が辞任を表明した時に書き込まれた「不満」だ。これには「おつかれさま」「とりあえず休息してね」といったコメントが殺到した。

愛嬌のあるキャラクターが「かわいい」「癒される」

   最近は、明るく不満や悩みを打ち明けるタイプの投稿サイトが人気のようだ。日本労働組合連合会が運営しているサイト「全日本ご不満放出選手権」は、仕事、恋愛・結婚、物価高、年金問題といった幅広い分野の不満が書き込まれている。中身もさることながら、豚のような愛嬌のあるキャラクター「トブ太くん」が「かわいい」「癒される」と話題をよんでいる。

   不満を書いて「不満注入」というアイコンをクリックすると、トブ太くんの鼻にコンセントのようなものがささり、風船のように膨れるというアニメーションが仕掛けられている。大きく膨れあがったトブ太くんをクリックすると、ポーンと勢いよく飛んでいく。日本労働組合連合会の担当者は、

「不満を書き込むだけでは重たい印象になってしまうので、サイトの趣旨とは関係ありませんがトブ太くんが飛んでいくという『お遊び』の要素を加えました」

と説明する。

   サイトがオープンした08年9月18日から、1か月あまりで約5万件の書込みがあった。1日あたり1500件のペースで増え続けている。担当者も「このハイペースは想像を絶する」と言っているほど、「トブ太くん効果」は大きいようだ。08年内いっぱい開設する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中