原油高がコミックにも波及 講談社、集英社が値上げ

印刷

   原油高の影響で印刷用紙が値上がりし、新聞代の値上げが相次いでいるが、漫画本にもその余波が波及している。講談社が、2008年12月から従来1冊420円だったものを20円値上げすることが明らかになった。集英社も9月から「全般的な原価上昇」を理由に値上げに踏み切っている。

「用紙の値上がりが響いています」

   紙の値段をめぐっては、製紙各社が208年4月、新聞価格の用紙を28年ぶりに5%値上げし、その影響が読者にも波及している。例えば秋田魁新報は08年9月で夕刊を廃止したほか、山形新聞、日刊ゲンダイ、夕刊フジなどが、相次いで購読料を値上げした。

   新聞代値上げと歩調を合わせるように、コミックが値上げに踏み切った。講談社が12月発売分から、「週刊少年マガジン」「なかよし」などに掲載された漫画の単行本(新書版)を1冊420円(税込)から、440円に値上げすることが明らかになったのだ。特にプレスリリースなどが発表された訳ではないが、同社ウェブサイトの発売予定表から、値上がりが明らかになった。

   講談社のコミック販売部では、

「事情は新聞と同様です。もともとコミックスは価格が安いので、用紙の値上がりが響いてきています」

と、やはり用紙の値上げが影響していることを明らかにした。大王製紙や王子製紙などの製紙大手は08年5月下旬から6月にかけて、印刷用紙を15%以上値上げしており、これが出版社を「直撃」した形だ。

集英社少年少女誌の単行本を9月に値上げしたばかり

   値上げに踏み切ったのは、講談社だけではない。集英社は、「ジャンプコミックス」「リボンマスコットコミックス」などの少年少女誌の単行本を、08年9月に410円から420円に値上げしたばかり。値上げの経緯については、

「複合的な理由です。全般的に、制作原価が上がっています」(広報室)

と、「原油高だけが理由ではない」との立場だ。

   また、「サンデーコミックス」などを発行する小学館に、今後の値上げの予定について聞いてみたところ、

「今年(08年)4月に新刊については410円から420円に値上げしたので、今のところさらなる値上げの予定はありません」(広報室)

との回答。ほぼ集英社と同じ状況だ。

   原油高などのコストアップは、漫画の読者層である小学生の懐にまで影響しているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中