「モスバーガー」など日本の外食チェーン 豚肉使わないインドネシアに次々進出

印刷

   ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは2008年12月に、日本のハンバーガーチェーンとして初めてインドネシア出店する。日本の店舗ではパティに牛肉と豚肉の合い挽きを使用しているが、インドネシアはイスラム教徒が大半を占め、豚肉はダメなため、牛肉のみのパティになるそうだ。

「モスバーガー」は3年で15店、10年で50店の出店を目標

   日本の外食産業がインドネシア出店に乗りだしている。ステーキチェーンペッパーフードサービスは08年9月に6店舗目を出店。和食チェーンの大戸屋も08年6月にFCで1号店を開店。年明けにさらに2、3店の出店を予定している。

   「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは08年11月に、合弁会社「モグ・インドネシア」を設立。12月中旬に南ジャカルタのショッピングセンター「プラザ・スナヤン」に1号店をオープンする。3年で15店、10年で50店の出店を目標とするそうだ。

豚肉の料理は牛肉に変えて出す

   メニューで問題になるのが豚肉。イスラム教徒が大半を占め、宗教上の理由で使えないからだ。

「日本で豚肉を使っている料理については、牛肉に変えて提供しています」(大戸屋広報)

   「モスバーガー」はパティに牛肉と豚肉の合い挽きを使用しているのが特徴だが、

「宗教上の問題に配慮して豚肉は使わない」

と同社広報は話す。

「インドネシアは今後も経済発展が進むと考えられ、外食産業の需要は拡大する」

といい、今後の展開に自信を深めているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中