日本郵政不動産事業に乗り出す 池尻大橋で初のマンション開発

印刷

   郵政民営化で不動産開発事業が認められた日本郵政グループが、東京都内で全国初の分譲マンションの開発に乗り出した。空き地となっていた社宅の跡地を民間の不動産業者と組んで開発するもので、初回の分譲で20数億円の売り上げを見込むという。全国でマンションなど不動産開発事業が軌道に乗れば、グループ内で採算性の悪さが問題となっていた郵便局会社の経営が好転する可能性が高く、不動産事業の成否を関係者が注目している。

マンション用地となりうる社宅は全国に約2500カ所

   今回のマンションは、日本郵政が三井不動産レジデンシャルと共同で開発する。東京都目黒区東山3丁目の社宅の跡地約2300平方メートルに、5階建て程度で50~60戸規模の家族向けマンションを建設する。最寄駅は東急田園都市線の池尻大橋駅で、駅から徒歩4分の一等地。マンションの詳細設計はこれからだが、日本郵政は「隣接する東山公園をはじめ、緑豊かな周辺地域と調和した計画にしたい」としている。分譲マンションは2009年度上期に着工し、10年度上期に完成の予定。不動産市況を見ながら09年度上期に販売を開始する。

   07年10月の郵政民営化で、民間会社となった日本郵政は郵便局や社宅跡地などの資産を有効活用し、マンションや商業ビルなどを建設することが可能になった。マンション用地となりうる社宅は全国に約2500カ所あり、日本郵政は地価の高い東京を中心に分譲マンション開発を進める方針だ。

   気になるのは、景気減速とともにマンション市況に不透明感が増していることだ。日本郵政は「今回の開発物件は優良なため、値崩れしない」(日本郵政)と強気の構えだが、世界的な住宅バブルの崩壊とともに日本の分譲マンションの販売価格は低下傾向にあり、日本郵政の思惑通りに不動産開発が進むとは限らない。

JR東京駅前など優良物件が多く、業界には警戒感

   もっとも不動産業界には、日本郵政の不動産事業の参入には警戒感が強い。「一等地が多い郵便局の敷地をマンションや商業ビルに再開発し、郵便局のネットワークを活用して売り出した場合は脅威になる」(不動産業界関係者)というわけだ。JR東京駅前の東京中央郵便局(東京都千代田区丸の内)の再開発などは実際に動き出しており、郵便局会社の新たな収益と期待されている。

   民営化に伴う分社化で、郵便局会社は郵便事業会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険から手数料を受け取るのが収益源となった。気になるのは、民営化から半年たった08年3月期決算の最終利益が46億円にとどまり、07年9月に政府の認可を受けた民営化実施計画で示した損益見通し150億円を大きく下回ったことだ。郵便局会社の採算の悪さが際立つ形となり、郵便局長の間では「今の手数料収入で郵便局会社が安定した経営ができるのか。2~3年後に統廃合が進むのではないか」との声が漏れる。そこで今回のマンションなど不動産開発事業が軌道に乗れば、郵便局会社の経営改善の切り札となるのは間違いない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中