飛び降り自殺急増「横浜ベイブリッジ」 首都高と神奈川県警が緊急対策

印刷

   横浜港の夜景が見渡せて、デートスポットとしても人気がある「横浜ベイブリッジ」で、飛び降り自殺が増えている。この数年間は年間0~2人程度だったのが、2008年は10月時点ですでに6人。管理する首都高と神奈川県警は近日中に、落下防止網の設置などを検討する。

タクシーを止めて、飛び降りた人もいる

   08年にベイブリッジから飛び降りた自殺者は10月時点で6人。04年~07年は年間0~2人程度だったので、08年から急増している形だ。

   上下二層構造の道路橋で、横浜港の大黒ふ頭と本牧ふ頭を結ぶ。橋長は860メートル。上層部が首都高速道路湾岸線、下層部が国道357号になっている。下層部には展望スペースが設けられていて、夜には港の夜景を見渡すことができるデートスポットとしても知られている。

   飛び降りが起こっているのは上層部だ。道路の脇に駐車するスペースがあり、車で乗り付ける場合が多い。中には、橋の上で気分が悪いといってタクシーを止めて、飛び降りた人もいる。

   橋を管轄しているのは、神奈川県警の山手警察署と鶴見警察署。海上については横浜水上警察署だ。6人のうち、5人の遺体が上がっている。

   山手警察署の担当者はこう明かす。

「新たな自殺の名所、なんてことにならないといいですが…。このあたりの海には大型船が頻繁に通ります。遺体がスクリューに巻き込まれてぶった切られてしまい、いい死に方とは言えませんよ」

途中で止まった車には拡声器で注意を呼びかる

   飛び降りが増えている理由はわからないが、防御対策にも問題がありそうだ。側面には高さ約1.1メートルの防護柵が通路を挟んで2つ設けられているだけ。大人なら乗り越えられる高さだ。

   首都高速道路広報担当者はこの理由について、

「建設時は人が飛び降りることを想定していませんでした。あくまで車の落下防止のための柵です」

と説明する。

   そうはいっても、これ以上増えては困るので、夜間のパトロールを強化することにしている。また、橋を写したモニターを監視し、途中で止まった車には拡声器で注意を呼びかる。

   一方、警察関係者は柵を高くするか、落下防止網を設置するといった要望を出している。

   高い柵や網には飛び降りを抑止する効果がある。橋の造りがよく似た東京・台場のレインボーブリッジで、04年以降に起きたのは07年の2件のみ。ベイブリッジとの違いは、橋の下に幅2.5メートルにわたる落下防止用の網を張っている点だ。

   首都高の広報担当者は、

「単純に、柵を高くすればいいというものではありません。風が強く、柵が落下してしまう危険があります。構造上可能かどうか、検討しているところです」

と話す。

   近日中に、神奈川県警高速隊と対策会議を行い、対策を詰める予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中