最低10万、ブランドは100万以上 スポーツ仕様「自転車」がブーム

印刷

   メタボ防止のためもあって、かっこいいスポーツ仕様の自転車を走らせる中高年が増えている。シティサイクルに比べて値段が高く、10万円以上する。ブランドものは100万円以上。お金に余裕のある層が買っているようだ。

通勤にも高級スポーツ車が多くなっている

「ロードバイク」「クロスバイク」が大人気だ(写真はイメージ)
「ロードバイク」「クロスバイク」が大人気だ(写真はイメージ)

   「ロードバイク」や「クロスバイク」といった「スポーツ車」が、自転車通勤する会社員や健康志向の中高年の間でブームになっている。自転車産業振興協会によると、スポーツ車の1店舗あたりの販売台数が2008年7月は157.1%、8月は141.7%、9月は200%と増加している。自転車全体は数%程度の微増にとどまっているなか、スポーツ車の伸びが目立った。

   全国の販売店から、「通勤に高級スポーツ車が多くなっている」(東京都)、「一般ユーザーがスポーツ車に興味をもち始めているようで、いままでママチャリにしか乗ったことがない人がスポーツ車を見に来店する人が増えてきている」(愛知県)、「スポーツ車が売れた。ヘルメット、メーターなど小物も売れる」(岩手県)という声がかなり上がっている。

   自転車専門店「フレンド商会」(東京・阿佐ヶ谷)は地下2階地上4階にかけて、スポーツ車、シティバイク、部品を販売している。スポーツ車がおいてある3階売り場担当者は、

「この数年間、スポーツ車の売上げは前年比10%ずつ増えています。購入者は30歳代が多いですが、4月からメタボ検診が導入されて、健康のために始める40、50歳代も増えています。安くても10万円近くするので、若い人よりも中高年のほうが何かとお金をかけていますよ」

と話す。

   スポーツ車の初心者に人気があるのは、「クロスバイク」と呼ばれるタイプで、街中での使用に向いている。スピードは20キロメートル以上出る。よく売れているのは、7~10万円の比較的手を出しやすい価格帯だ。

   本格的なのは「ロードバイク」。時速25~30キロは軽く出る。フレームはアルミ製が一般的だが、軽くて乗り心地がよく、カーボンファイバ(炭素繊維)製の人気が高まっている。30万円前後のものが売れている。

   スポーツタイプは国産車が年々減っていて、ほとんどが欧米ブランドだ。中でも人気が高いのは、イタリアの「コルナゴ」や「ピナレロ」。時計で言うと「ロレックス」、鞄で言うと「ルイ・ヴィトン」にあたると言われ、安くても30万円台後半する。また、「コルナゴ」が高級スポーツカー「フェラーリ」とコラボレーションしたものは100万円前後で、車が買える値段だ。

本体100万円、さらに30万円の変速機を予約

   ロードバイクを所有する都内の公認会計士の男性(56)は、週に3、4回通勤に使っている。走行距離は往復で15キロだ。さらに、年に3~5回、ツーリングの大会に出ている。ハワイで開催される「ホノルルセンチュリーライド」で160キロを完走したほか、08年11月8、9日には沖縄を1周する「ツール・ド・おきなわ2008」に参加した。

   男性がサイクリングを始めたのは49歳の時で、メタボに悩んでいたことがきっかけになった。最初はママチャリだったが、マウンテンバイク→クロスバイク→ロードバイクとランクアップした。現在、愛用しているのは、アメリカ製「トレック」のロードバイクで、価格はなんと100万円。部品にも凝っていて、近々発売される30万円のギア(変速機)を予約したという。男性は、そこまでかける理由について、

「50歳になってから、脚力をつけたり、スキルアップするのは体力的に厳しい。そこで、自転車雑誌を読んでメカニックの勉強をし、『理論武装』しようと思いました。ホイールを軽いものにするだけでも、速くなるんですよ。始めは安いバイクを改造していたのですが、そのうち本体も良いものが欲しいと思うようになりました。ブランド好きで、ミーハーなんです」

と明かす。

「以前、乗鞍岳(長野)で開かれた大会に参加した時に、50歳以上の部門で私のように完全武装したロードバイクがずらりと並んでいました。若い頃は手に入れられなかった憧れのバイクを、中高年になって収入が上がり、念願叶って買ったという人も多いのではないでしょうか」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中