読売TV「ヤッターマン」 休止多すぎる不思議

印刷

   読売テレビなどが製作した人気アニメ「ヤッターマン」。日本テレビ系で毎週放送されるはずなのに「放送休止が多すぎる」と話題になっている。確かに2008年1月から10か月間に20数回のみの放送というのは、レギュラー番組としては異例の少なさだ。

「ファンを裏切らないでほしい」

   08年11月18日付の読売新聞投書欄「放送塔」に、「休止多い『ヤッターマン』」の見出しで投書が掲載された。投書したのは33歳の男性会社員。

   「ヤッターマン」が30年ぶりに復活しとても喜んでいたが、08年11月10日の放送は2か月ぶりだった。このように、レギュラー番組にもかかわらず放送休止が多すぎる、とし、

「毎週楽しみにしているファンを裏切らないでほしい」

と結んでいる。

   「ヤッターマン」の放送回数を調べると、08年1月から10か月間で25回。08年3月までは、ほぼ毎週放送されていたが、4月、8月、9月は放送が月2回。9月8日から11月10日まで約2か月放送が無かった。なぜ休止になってしまうのか不思議に思った人も多くいて、今回の投書はネットでも話題になった。休止が多い原因についても、視聴率が取れないからではないか、関連玩具が売れないからではないか、といった噂が飛び交った。視聴率を調べると、3月3日放送が10.0%、5月1日が8.5%、9月1日が7.9%(関東地区:ビデオリサーチ調べ)と、下がり続けているようだ。

24日に「ヤッターマン」の1時間スペシャル

   ネット上の掲示板やブログを検索すると、休止について、

「ヤッターマン好きなのにモッタイナイ扱いだよ」
といったものや、視聴率については、
「視聴率下がったから休止したんじゃくて、休止したから下がってんだろ」 「なんで打ち切らないの?打ち切れない理由でもあるのか?」

といった意見が出ている。

   なぜ「ヤッターマン」の休止が多いのかについて、読売テレビ広報はJ-CASTニュースに対しこう説明する。

   ――08秋の期末期首の特別番組のため、月曜夜7時台のアニメ枠を一時休止した。10月からは、月曜夜7時台を新たなエンターテインメント枠「アニメ☆7」に改変し、その際、「ヤッターマン」を休止し、アニメ「名探偵コナン」の1時間スペシャルを3本立てで放送した。

   こうした経緯があるため休止が続いた、ということらしい。ただ、視聴率などについては触れなかった。ただ、11月24日には「ヤッターマン」の1時間スペシャルを放送するそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中