ドアを簡単に開けてくれない! 殺人事件余波で宅配便「困った」

印刷

   元厚生事務次官宅を襲った連続殺傷事件の余波で、宅配便業者がとばっちりを受けている。荷物を届ける際に、「本物の配達員なのか?」と疑われて、なかなかドアを開けてくれなかったり、確認に時間がかかったりして、業務に影響が出始めたからだ。これからお歳暮シーズンを迎えて配達量が増える中、宅配各社は対策を模索している。

新聞受けから、先に伝票だけ渡してくれ、という人も

   元厚生事務次官宅を襲った犯人は宅配便業者を装っていた。東京・中野の吉原健二さん宅で、犯人に刺され重傷を負った妻の靖子さんの意識が回復し、犯人は作業服を着て箱を持ち、宅配便だと名乗っていた、とわかった。事件後、宅配便への不信感が増し、主婦や若い女性に限らず、1人暮らしの男性からも、「怖いので、すぐには開けない」「名乗ってもらっても、本当かわからない。ドアを開けるのを躊躇してしまう」といった声があがっている。

   都内大手宅配業者の男性配達員は、こう語る。

「インターホンで名乗っても、本物なのか? と信用してもらえず、チェーン越しに荷物を確認してから、やっとドアを開ける人もいます。業務に支障が出るほどではないですが、これからのお歳暮シーズンにこれだと、ちょっと大変ですね」

   また、別の配達業者は、

「カメラ付きのインターホンの場合、社員証はもちろん、送り状も見せるようにいわれました。新聞受けから、先に伝票だけ渡してくれ、という方もいます」

といい、ドアが開くまでの時間が以前に比べて長くなっているようだ。

求められれば社員証を掲示する

   大手業者のヤマト運輸は事件後に、(1)制服、制帽、名札を着用する(2)訪問時には「ヤマト運輸の○○です」と名乗ることを、徹底させた。広報担当者は、

「お客様から、『(宅配に来られるのが)不安だ』という声が数件寄せられたこともあり、今一度、徹底させました。また、今回から初めて、求められれば社員証を掲示するようにしました」

と明かす。

   佐川急便も同様にしているほか、ホームページで、宅配便事業者を名乗る不審者に注意するよう呼びかけている。広報担当者は、

「当たり前のことですが、配達員に徹底させ、お客様に安心していただくしかないと思います」

   大手宅配便業者やデパートから配達業務を請け負うことの多い、赤帽首都圏軽自動車運輸協同組合の担当者は、

「配達がやりにくくなりそうだ、という声が同業者間であがっています。ドアの前で名乗るとか、制服を着用するとか、以前からやっていましたが、それ以上の確認作業が生じれば、時間のロスは出ますよ。まぁ、やるしかないですけどね」

と話し、これから影響が出てくるとみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中