元「猿岩石」有吉弘行 再ブレイクまで援助してくれた人

印刷

   お笑い芸人の有吉弘行さん(34)が、再びブレイクしている。有名人につける「変な」あだ名が面白いと評判だし、俳優の哀川翔さんのモノマネもうけている。そんな有吉さんがテレビのトーク番組に出演し、「猿岩石」を解散した後の不遇時代の「秘話」を明かした。

タモリさんは「昼メガネ」と名付ける

   有吉弘行さんが出演したのは、2008年11月22日に放送された日本テレビ系のトーク番組「メレンゲの気持ち」。番組には11年ぶりの登場だった。司会の久本雅美さんに番組開始早々、「シャケみたいなモンだよ」とツッこまれていた。ブレイクして、落ちて、またブレイクしていることをたとえた表現だ。

   もともと有吉さんは、森脇和成さんとともにお笑いコンビ「猿岩石」を結成していた1996年、バラエティ番組「進め!電波少年」の企画から人気に火がついた。この企画は、ヒッチハイクだけで香港からイギリスまで旅するというものだった。

   その後、旅の記録と日記を綴った「猿岩石日記」シリーズがベストセラーになり、帰国後にリリースしたCD「白い雲のように」は130万枚のミリオンセラーを記録した。しかし、その後は仕事が徐々に減り、2004年にはコンビを解散、不遇が続いていた。

   ところが、今は、有名人につける「変な」あだ名が面白いと評判だ。たとえば、「品川庄司」品川祐さんに対しては「おしゃべりクソ野郎」。「ペナルティ」ワッキーさんには「クソスベリ芸人」。そして、タモリさんには「昼メガネ」と名付けている。有吉さんいわく「世間のイメージをその人に伝えてあげているんです」とのこと。ちなみに、番組内では、久本さんに対して「妖怪サミチクビ」を命名していた。

   また、俳優の哀川翔さんのモノマネもうけている。このモノマネは、哀川さん本人からも好評で、「いやー、ありがとう。似てたよ。これからもドンドンやってよ」と太鼓判を押されているほどだ。哀川さんとは、自宅に呼ばれるなどの交際もある。

「上島さんからお金散々もらいました」

   番組では、飲み仲間「竜兵会」の話も出た。「竜兵会」には、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんを中心に芸人仲間らが集う。有吉さんは上島さんと親しい。

   「竜兵会」が5~6年ほど前に結成された当初2人は、1か月近くを毎日ずっと一緒に過ごしていたという。そして、当時、金銭的な援助も受けていたそうだ。

「(上島さんから)お金も散々もらいましたしね。僕、ホントお金なくて、給料ゼロだったこともありました。だから、上島さんに『お金もらっていいですか?』なんて言っていました。そうすると、ちょくちょくくれるんですよ」

   番組MCの一人、高畑淳子さんが「ご馳走してもらったあと、お小遣いをということ?」と水をむけると、「僕、ホントお金なかったんですけど、月10万ぐらいはあったと思います。すっごいいい先輩なんですよ。ありがたいです」と、告白した。

   上島さんからは、こんなことも言われていたらしい。

「月30万やるから、仕事せずに、いつも俺のそばに居てくれ」

   久本さんは「すげーかわいがられ方」「一緒にいて楽しいんだね」と、ただただ驚いているばかりだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中