不良債権の追加処理で最終赤字 新銀行東京の中間決算

印刷

   東京都が400億円を追加出資して経営再建中の新銀行東京の2008年9月中間決算によると、不良債権を追加処理したため、中間純利益は70億円の赤字になった。前年同期に比べて赤字幅は縮小したが、主力の中小企業向けを含む貸出金が前年同期比で585億円減少し1632億円になるなど、収益力が改善したとは言いがたい。

   不良債権(金融再生法開示債権)は前年同期に比べて58億円増えて348億円となり、総与信に占める割合(不良債権比率)は17.08%となった。3月末は12.70%だったが、金融庁の検査で追加処理を求められた。同行の不良債権比率は、全国銀行の平均2.4%(3月末)の約7倍にあたる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中