日本メーカーの米ビッグ3戦略 経営危機の深刻化で見直し

印刷

   米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)が2008年11月17日、保有するスズキ株のすべてを売却すると発表し、翌18日には、米自動車2位のフォード・ モーターが、マツダ株33.4%のうち約20%分を売却すると発表した。米自動車大手2社が相次ぎ日本メーカーの保有株を手放す背景には、経営危機の深刻さがある。日本メーカーにとっては、米大手との間で築いてきた戦略の見直しが迫られる事態が近づいてきた。

GMと共同開発している燃料電池などの環境技術はどうなる

   GMとスズキは1981年に提携し、当初はGMがスズキ株の5.3%を取得。01年にはGMが約20%まで出資比率を高めた。GMの経営不振で、06年には17%をスズキに売却し、残る3%を保有していたが、今回はこのすべてを売却。スズキ株はスズキが自社株として取得し、GMの売却額は約220億円に上った。

   スズキの鈴木修会長は「GMが資金調達上、保有株式を処分する必要性に迫られた状況を十分理解したので応じた。進行中の個別プロジェクトは継続する」とコメントし、提携は維持すると強調した。しかし、スズキはGMと共同で開発している燃料電池車などの環境技術が提携の大きな狙いだ。経営動向でGMのエコカー対応に影響が出れば、GMとの関係を見直す可能性も出てきそうだ。

   一方、フォードは、引き続きマツダの筆頭株主という地位にはあるものの、マツダ株の保有比率は約13%に下がった。フォードが手放したマツダ株は、マツダが約7%を自己株として買い取るほか、マツダの取引先である住友商事やデンソーなど30社程度が取得。フォードが得る売却額は約520億円になる。

   フォードとマツダとの関係はGMとスズキ以上に深く、70年にフォードがマツダに出資して以来だ。96年にマツダが経営危機に陥った際、フォードは出資比率を33.4%まで引き上げ、マツダに社長を派遣。フォード主導でマツダの経営再建が進められ、現在のマツダはフォードの稼ぎ頭的な存在 にまで成長した。マツダの海外工場はすべてがフォードとの合弁で、新車開発でも協力しており、「どこまでがフォードでどこまでがマツダか分からない」(井 巻久一会長)実情。「フォードとの関係は変わらない」(同)という。

マツダのフォード離れ、どこまで進む?

   しかし、マツダは18日のフォードのマツダ株売却の会見で、井巻会長兼社長が会長職に専念し、山内孝副社長が社長に昇格する人事を発表した。「経営体制を強化するため」という。さらに、最高財務責任者(CFO)を含め取締役の3人をフォード出資者が占めていた体制を改め、フォード出身の取締役を1人に減らした。マツダのフォード離れを象徴する動きだ。

   GMをはじめ米大手自動車メーカー3社(ビッグ3)は「経営破たんが視野に入ってきた」(自動車関係者)とも指摘される。米国などでGMと合弁会社を運営するトヨタ自動車やいすゞ自動車なども含め、日本メーカーも新たな戦略の構築が迫られる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中