マクドナルド、米国の人気バーガー投入 客層拡大へ

印刷

   アメリカのマクドナルドにはあって、日本のマクドナルドにはないメニュー「クォーターパウンダー」。海外ではビックマックと並んで人気のハンバーガーがついに日本でも本格販売されることになった。100円バーガーに代表される低価格なラインナップなどに「プレミアム商品」も加えることで、客層の拡大を目指す。

ボリューム感たっぷりのビーフが特徴

「クォーターパウンダー」を手にする原田泳幸社長(左)と北島康介選手(右)
「クォーターパウンダー」を手にする原田泳幸社長(左)と北島康介選手(右)

   今回発売されるのは、「クォーターパウンダー・チーズ」「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」の2品。11月28日から関東圏のマクドナルド約1200店舗で販売を開始し、その後、12月には大阪で、09年1月には名古屋でと、徐々に販売店を拡大していく。

   商品名の「クォーターパウンダー」は、4分の1パウンド(約113グラム)のビーフパティを使用していることを示している。通常2.5倍の大きさのビーフパティで、ボリューム感たっぷりのビーフが特徴だ。

   価格は「クォーターパウンダー・チーズ」の単品が350~360円、「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」が480~490円となっている。

   日本マクドナルドの原田泳幸社長は26日の記者会見で

「100円マックに代表される『バリュー』メニュー、レギュラーセットを中心とする『コア』メニューに加えて、新たに『プレミアム』ラインを追加したということ。高価格路線というわけではない」

と説明。メニューの幅を広げることで、客層を拡大する狙いだ。

   クォーターパウンダーは、「メガマック」「マックグリドル」に続くアメリカ発の商品だ。いずれの商品も日本での販売が好調だったことから、「クォーターパウンダー」の投入を決めた。

「ビーフのハンバーガーならマクドナルドだ、というようなブランドを作っていきたい」

と、意気込みを口にした。

北島も絶賛「アスリートにはもってこい」

発売記念イベントでは、「食べた?」などのメッセージ付きのジャケットを着込んだ参加者が会場を盛り上げた
発売記念イベントでは、「食べた?」などのメッセージ付きのジャケットを着込んだ参加者が会場を盛り上げた

   同社は発売にあわせて、日比谷公園の野外音楽堂で記念イベントを開催した。約3000人の観客を前にした舞台には、北京オリンピックの金メダリスト・北島康介選手が登場し、ハンバーガーにまつわるエピソードを語った。

「選手村の食堂にはマクドナルドの食堂があるんですが、僕自身、けっこう食べていたんですよ。食べ慣れたメニューがあると、めちゃくちゃ安心します。(試合前の)緊張をほぐしてくれました」

   クォーターパウンダーを食べた感想を問われると、

「すごいジューシーでした。腹にたまる感じがしました。アスリートにはもってこいですね」

と太鼓判を押していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中