ゲームデータとメルアド狙う USBウイルス「オートラン」

印刷

   パソコンデータの持ち運びに便利なUSBメモリ。このUSBメモリを介したウイルスの感染被害が急増している。感染したコンピュータにUSBメモリを差し込んだだけでウイルスが入り込み、パソコンのデータを盗む。主にプレイ中のオンラインゲームデータやメールアドレスが狙われ、盗まれたデータは売買されるのだという。

USBメモリ関連の不正過去最多

   ウイルス対策ソフト大手トレンドマイクロが毎月発表している「不正プログラム感染被害報告数ランキング」によると、USBメモリ関連の不正プログラム「MAL_OTORUN(オートラン)」が2008年10月は471件で、過去最多だった前月の347件を更新。8月から3か月連続で1位になっている。

   この「オートラン」は、もともと中国を中心とするアジアで多く見つかっていた。日本で感染報告が出るようになったのは08年に入ってから。感染しているPCにUSBメモリを差し込むと、USBメモリ内に不正プログラムのコピーが作成され、他のパソコンにUSBメモリを差し込むことによって感染が広がる。個人の被害だけでなく、海外の工場からUSBメモリで持ちこんだ「オートラン」が、日本本社のネットワーク内で感染を広げた例もあるそうだ。

ゲームのアイテムは売られる

   ウイルス感染したPCは、インターネット経由で自動的に複数のウイルスをダウンロードする。トレンドマイクロが実験したところ、感染したPCは1か月で10種類以上ものウイルスをダウンロードした。同社によれば、「オートラン」の主な目的は個人情報の窃盗。特にオンラインゲームのデータやメールアドレスが狙われているのだと言う。オンラインゲームの場合、ゲーム内で獲得した、キャラクターの成長を表す経験値や、アイテムが奪われる。アイテムはゲーム上で数百円から数万円で売買される。メールアドレスは名簿業者などに売られる。

   「ウイルスは個人では発見しにくいプログラムが組まれているし、仮にゲームのアイテムが無くなったとしても、システム上のトラブルか何かだと勘違いしてしまう。今後も『オートラン』の被害は続くことが予想されるため、注意をしてほしい」 と同社は呼び掛けている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中