キックチャンプに26万件 コメント数で上地ブログ抜かれる

印刷

   おバカグループ「羞恥心」の上地雄輔さんのブログを1位から陥落させようと、巨大掲示版「2ちゃんねる」のユーザーが結集、その結果、キックボクシングの日本チャンピオンのブログがコメント数で上地さんを抜いて1位に躍り出た。コメント数はすでに26万件。なぜ格闘家のブログが脚光を浴びたのか?

アニメのキャラクターのコスプレ姿で入場する

26万件を超えるコメントが殺到した自演乙選手のブログ
26万件を超えるコメントが殺到した自演乙選手のブログ

   26万件を超えるコメントが寄せられているのは、キックボクシングの日本チャンピオン・長島☆自演乙☆雄一郎選手のブログだ。自演乙選手は、2008年11月9日に行われたニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)のスーパーウェルター級王座決定戦に挑み、対戦相手を64秒でノックアウトして初代王者に輝いた実力の持ち主。一方で、「涼宮ハルヒ」「朝比奈みくる」「初音ミク」など、アニメのキャラクターのコスプレ姿で入場することなどで知られる「コスプレイヤー」だ。自身のブログでも、趣味は「アニメ鑑賞 日本拳法」としているほか、

「デビューしたてんときはハルヒ厨やったけど今はヴィータ厨w黄泉厨かもwww」
「まだまだ ヌルオタなんだが皆に認めて貰えるような立派なアニオタになれるようにがんがるお( ^ω^) 」

と書いており、アニメ好きであることが伺える。

   自演乙選手の2008年11月21日のブログでも、「初音ミク」のコスプレ衣装で、ネギを持って女性らしい仕草をする印象的な写真が掲載されているが、このコメント欄に2008年12月1日現在で26万件を超えるコメントが寄せられているのだ。

   「2ちゃんねる」で2008年11月21日に、「羞恥心の上地雄輔のブログを2位に落とそうぜ」といった書き込みがされた。その後、2ちゃんねらーに自演乙選手が目にとまったようで、「こいつガチで強いらしいな」「ランキング眺めてたらぜったいこいつ目につくよなw」「打倒上地ブログ みんなで応援」と盛り上がり、「祭り」に発展した。

   上地さんのブログは、サイバーエージェントが運営するブログサービス「アメブロ」の有名人ブログランキングで常に1位をキープ、1日の閲覧ユニークユーザー数が世界で最も多いブログとしてギネスに認定されたこともある。そんな上地ブログをコメントランキングで抜こうと、自演乙選手のブログのコメント欄に書き込みが殺到。一見すれば、「荒らし」のようなコメントの連投が続き、「アメブロ」のコメントランキングで上地さんを抜いたほか、一時ランキングの上位を自演乙選手のブログのエントリーで占めるほどまでコメントの投稿が急増した。

ギネス掲載は難しそう

   こうした「祭り」状態について、自演乙選手は11月23日の自身のブログで「コメントランキングトップ3独占www おまいらほんますげーよ( ^ω^) 」と書いている。

   自演乙選手はJ-CASTニュースに対し、ブログが急きょ「炎上」し始め、「はじめは訳が分からなかった」と打ち明ける。しかし、調べてみると「2ちゃんねる」でこうした運動が起こっていること知り、「『炎上』が、応援的な『祭り』でうれしかった」と話している。26万件を超えるコメントが寄せられていることについては「ギネスに載っけて(笑)」とも話しているが、どうやらそれは難しそうだ。

   「アメブロ」を運営するサイバーエージェントの広報担当者はJ-CASTニュースに対し、「コメント数としては、これまで最高の上地さんのブログを抜いている」と認める一方で、

「著名人ブログはコメントの監視が入っており、スパム的なコメントは削除するようになっている。長島さん(長島☆自演乙☆雄一郎選手)については本人の希望でコメントの監視は入れていないので、こうしたコメントが掲載されているようだ。純粋にコメントしているという点ではちょっと違うのでは」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中