ホンダ販売不振の「お先真っ暗」 F1緊急撤退の背景

印刷

   「完全に撤退であります。将来のことは白紙であります」――ホンダの福井威夫社長は2008年12月5日に記者会見し、フォーミュラワン世界選手権(F1)から、完全に撤退すると発表した。2009年シーズンからレースへの参加を取りやめるほか、ドライバーとの契約も解消、エンジンの供給も取りやめる。世界的な金融危機の波及で、巨額の経費がかかるF1事業のリストラに踏み切った。

「世界中のマーケットが10~11月から加速度的に減速」

「F1からの完全撤退」を発表するホンダ・福井威夫社長
「F1からの完全撤退」を発表するホンダ・福井威夫社長
「今後のエンジン供給も考えていない。中途半端な参加はしたくない」

会見のなかで福井社長は、エンジン供給を行わないほか、来期の契約を結んでいたジェンソン・バトンといったドライバーとの契約も解消、チームを売却することで協議に入ったことを明らかにした。背景には、サブプライム問題に端を発した金融危機と、それに伴う販売の急激な落ち込みだ。同社では、F1のエンジニア約400人を、今後の商品開発に振り分けるとしている。

「自動車の販売だけではなく、二輪も含めて、北米のみならず世界中のマーケットが10~11月に入ってから加速度的に減速している。これは我々の想像を超える、全く先が見えないような状況。10月以前ではこういう決断はなかった。F1チームは来年に向けて準備は相当いい状態に仕上がっていた。手ごたえもつかめていたし、彼らは一生懸命やっていた。それに対し、我々がビジネス上の理由で撤退の決断をしたわけで、ファンのみならずF1レース界の皆さまにも申し訳なく思っている」(福井社長)

同社は、オートバイの「MotoGP」、インディーカー・シリーズについては継続して参加する意向だが、その他のモータースポーツについては「これから詰める」としている。ホンダは400億円以上とも言われる年間予算をF1に投じており、「かなり大きなインパクト(負担)があった」という。成績の面でも、06年にF1に単独参戦してからは優勝1度にとどまり、08年も成績は振るわなかった。同社は「今年の結果にかかわらず、撤退した」としており、F1でのパフォーマンス以前に、経営状況の先行きが危機的であるとの見方からのリストラ策ということになりそうだ。

トヨタ自動車は来シーズンも参戦する予定

   福井威夫社長は、

「11月の販売状況が1年続くと自動車業界全体がひどい状況になる。もっと悪くなるかもしれない。各国のビジネスは厳しく、これからますます世界的に加速する」

と話し、F1撤退についても「緊急を要した」と話している。同社では、F1の開発技術をハイブリッド車、「Fit」クラスよりも小さくて燃費性を向上させた車、小型のディーゼルエンジンの開発に充当させ、あたらしい「車作り」に方向転換する、としている。

   金融危機を受け、世界的に自動車の販売が振るわない状況が続いており、各社がF1から撤退するケースも懸念される。ホンダの撤退で、日本からのF1参戦はトヨタだけとなるが、トヨタ自動車広報部は「現時点では撤退の予定はなく、来シーズンも参戦する予定」としている。

   記者会見のなかでホンダの福井社長は「F1をやりたい気持ちは今でも強い。ただし、状況が許さなかった」と悔しさをにじませていたが、記者からは「非常にドライな決断。F1の時代がひとつの局面を迎えたということだろう」という声も聞こえた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中