「100円パソコン」本当にお得? 「外でネット使用多い場合だけ」の声も

印刷

   家電量販店で最近よく目にする「100円パソコン」。初期費用がほとんどなく魅力的だが、一方で、2年契約で通信費に上乗せ料金がかかる。買うときには、本当にお買い得になるか考える必要があるようなのだ。

「安いので思いついたときに買えます」

   「5万円パソコンでも衝撃価格。なのに、何でこんなに『100円パソコン』が――」。そんな疑問が出るほど、家電量販店には最近ズラリと並んでいる。

   100円パソコンが出始めたのは、2008年7月から。通信会社のイー・モバイルと量販店がタッグを組んだ新商売だ。もちろん商品は、「ネットブック」と呼ばれる5万円前後のパソコンだが、100円になるにはわけがある。それは、イー・モバイルの2年制通信料金プラン「スーパーライトデータプラン にねんMAX」に入る条件のことだ。

   同社広報部によると、カラクリはこうだ。例えば、低価格パソコン4万4800円とデータ通信カードのセットで7万4780円。そこから、同社の通信プランを2年間使った場合、パソコンとカードが割引になり、合計額の6万9600円を引くと、5180円。その費用の大部分を同社と量販店が負担すると、100円になるというのだ。

   なぜ100円パソコンなのかについては、広報部では「安い台湾製のノートパソコンが市場に出てきたので、外出先でメールやネットを使うにはいいと考え始めました」と説明する。

   ビックカメラ新宿西口店では、台湾アスース、米デルなどの5万円弱のパソコンが100円で出されている。5~6万円するパソコンは、1万円を切る価格や1万5000円ほどの価格で売っている。いずれにせよ、見た目は激安だ。「安いので思いついたときに買えますし、ネットブックとイー・モバイルの組み合わせはよく売れますよ」と店の担当者。

激安な分だけ、通信費へ毎月900円上乗せ

   ただ、100円パソコンは、激安な分だけ、通信費への毎月900円の上乗せ料金を2年間支払わなければならない。これで2万1600円の出費だ。つまり、この額プラス100円のパソコンを分割払いで買った感覚になる。

   通信費に上乗せして安く売る点では、かつての1円ケータイと同じだ。しかし、イー・モバイル広報部によると、上乗せ価格を明示し、2年と期限を決めている点で、その復活とは違うという。

   パソコンは安いといっても、2年間は通信費を払い続けなければならない。上乗せ料金を除いても、毎月最低2000円だ。2年間なら、最低4万8000円になる。ビックカメラ新宿西口店の担当者は、お買い得になるケースについて、次のように話す。

「あくまでも、パソコンを持ち歩き、外でメールやネットを頻繁に使いたい人向きです。外で通信機能をあまり使わない場合、割高になってしまいますからね」

   もちろん、無線や有線のLANサービスを使えるホテルなどなら、通信機能はいらない。

   さらに、5万円弱のパソコンでも、店頭で割り引いている場合が多い。とすると、実質的なパソコン代2万1600円と4万8000円以上の通信費を考えると、人によっては必ずしも得とは言えないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中