橋下知事VS日本航空・全日空 伊丹-成田便攻防の背景に関空不振

印刷

   関西国際空港の利用拡大をめぐり、大阪府の橋下徹知事と日本航空・全日空の意見が対立している。橋下知事は、関西圏の利用客が伊丹空港の国内線を利用して、成田空港から国際線を利用する傾向があることを挙げ、伊丹-成田路線廃止を要請しているが、航空会社側は「客のニーズに応じるべき」としてこれを受け入れない。

関空はアジアが中心で、欧米路線は開港以来減少

   橋下知事は2008年12月8日、大阪府庁で航空会社や関西空港会社の役員らと意見交換し、関西国際空港の利用拡大のために、伊丹-成田路線を廃止し、関西-成田路線に振り替えるように要請した。

   これに対し、伊丹-成田便を年間約35万人が利用することなどから、航空2社が「乗客のニーズを最優先にすべきだ」と反発。日本航空の佐藤学執行役員は、関空の不採算路線が年間100億円を超える赤字出すことなどを挙げ、「現在、大阪(伊丹)-成田便をやめて伊丹から関空に移ったら、需要を維持できない」と述べた。全日空の岡田晃執行役員も「関空の路線には、飛ばせば飛ばすほど赤字が増えるものもある」として、橋下知事の要請に否定的な見方を示した。

   橋下知事はかねてから「伊丹空港廃止」論を唱えており、08年9月には谷垣国交相(当時)との会談で「伊丹空港は邪魔」などと発言。各自治体や経済界からの猛反発から、「伊丹空港廃止」論を封印したかたちだが、1兆円超の負債を抱える関空の救済のために、伊丹空港の機能縮小が必要だと訴え続けてきたという経緯がある。

   伊丹空港は大阪・梅田から30分とアクセスも良く、国際線が多い成田空港まで国内線で移動する利用客が少なくない。一方の関空は、大阪・梅田から50~65分かかるほか、「アジアが中心で、欧米路線は開港以来減少している」(関空)という事情もある。

伊丹空港から成田空港まで飛び、そこから海外に行く

   関空の場合、北米路線で見てみても、開港時は5路線だったのが、現在では3路線にまで減少。09年3月からは2路線にまで縮小されることが決まっている。関西圏の利用客が国際線を利用するにしても、伊丹空港から国内線で成田空港まで飛び、そこから海外に行く、という傾向に歯止めがかからない状態だ。

   日本航空広報部は、

「基本的な考え方として、空港ありきではなく、お客のニーズに合わせて事業を展開・維持していく」

としているが、その一方で、97年に廃止していた関空-成田便を09年度にも導入する意向だ。「大阪南部の利便性を考えるとニーズがある」というのがその理由だが、伊丹-成田便と平行して運行する姿勢は変わらない。

   関空広報グループでは、

「成田ではなく、関空からの直行便を利用して頂くというのが最終的な目標ではあるが、国際線を利用するにしても伊丹空港を利用する傾向がある。せめて、関空を利用して国際便に乗ってもらえれば」

としているが、関空が国際空港としての利用拡大につながらない状態は続くことになりそうだ。大阪府では08年内にも空港運営のあり方について素案をまとめ、関空の利用拡大を図っていく構えだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中