10月の機械受注、電気機械・自動車などで大幅減

印刷

   景気悪化に伴う需要低迷で、企業の「減産」姿勢が鮮明になってきた。

   内閣府が2008年12月10日に発表した10月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である船舶・電力を除く民需の受注額(季節調整値)は、前月比4.4%減の8994億円だった。減少は2か月ぶり。

   受注を業種別にみると、電気機械(前月比30.0%減)、自動車工業(同26.9%減)、精密機械(同24.4%減)などの8業種で減少した。企業が半導体製造や通信機器、金属加工機械などへの投資をしぼった。受注総額は14.4%減の2兆258億円にとどまり、03年8月以来5年2か月ぶりの低水準だった。

   また、日本工作機械工業会が12月9日に発表した11月の工作機械受注額(速報値)は、前年同月比62.2%減の516億2000万円と、単月では過去最大の下げ幅を記録。金額ベースでは02年10月(582億円)を下回る水準にまで戻った。電機や自動車メーカーなどが設備投資を手控えたことが要因。

   一方、日本銀行が12月10日に発表した11月の国内企業物価指数(2005年=100、速報値)は、前月比1.9%下落して107.9となった。比較が可能な1960年1月以降で最大の下げ幅になった。企業物価指数は出荷や卸売りベースにおける企業間のモノの価格水準を示しており、下落は3か月連続。下げ幅も拡大基調にある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中