切符代渡して「名古屋に行きゃあ」 周辺自治体がホームレス「たらい回し」

印刷

   いわゆる「トヨタ・ショック」と時期を同じくして、名古屋市周辺でのホームレスの数が増加傾向を見せているが、景気の悪化のほかに、意外な原因があった。市の周辺自治体でホームレスになった人たちが、自治体の窓口で「(ホームレスの受け入れ施設がある) 名古屋に行くように」などと指示されていたのだ。事実上の「たらい回し」で、それが問題化している。

ホームレスは10月に入ってから急増している

   米金融危機や景気の後退を受けて、北米での自動車需要が大幅に縮小。自動車各社は相次いで減産に踏み切り、人員削減を進めている。例えばトヨタ自動車だけでも、当初計画に比べて国内外で約95万台減産し、国内で期間従業員約3000人を削減する。

   これと時期を同じくするようにして、ホームレスの数も増加傾向にあるようなのだ、トヨタのお膝元の愛知県内で、唯一ホームレスの受け入れ施設を持つ名古屋市の保護課では、

「まだ(収容できる人数には)余裕がありますが、年明けには、かなり混んでくるのでは」

とみる。さらに、「トヨタ・ショック」との因果関係については「分からない」とする一方、

「ホームレスの方が増えているのは、今年(08年)に入ってからです。特に、10月に入ってから急増しています」

と明かす。景気の悪化と連動して、人数も増えている様子だ。

   それ以外にも、周辺自治体からの流入も相次いでいるのだという。名古屋市が11月17日から11月27日にかけて、区役所を通じて行った調査によると、市外から32人が「住む場所がない」などとして相談窓口を訪れている。内訳は三河地区からが10人、愛知県外からが20人、など。32人のうち4人は、「地元市町村から交通費を支給された上で、名古屋市に行くように案内された」のだという。つまり、一部の自治体は「自分のところでは対応できないので、名古屋に行け」という対応を行っているということだ。受け入れ施設の運営費は名古屋市と国が折半する形でまかなわれているため、名古屋市の納税者からは「不公平だ」という声も上がりそうだ。

   名古屋市の保護課では、このような状況に対して、「従来から県に改善の要望をしている」と話す。

「ホームレスの受け入れ施設は、県内には名古屋市にしかないので、ホームレスの流入が起こっている。保険事務所から(市外からの流入)事案の報告があった場合には、県には事実確認をお願いした上で、事実だった場合には改善をお願いしている。具体的には、名古屋市以外の県内に受け入れ施設の建設を要望している」

自治体には、生活保護の適用で対応するように指導

   ただ、要望される側の愛知県は、若干アプローチが違うようだ。愛知県の地域福祉課では、

「(名古屋市からの要望は)過去にも何回かあった。(名古屋市周辺の)自治体には、ホームレスの方がお見えになった窓口で対応してほしい、ということでお願いしている。『名古屋に行きゃあ(行け)』はルール違反。各自治体には、生活保護を適用することで対応するように指導しており、実際、この4年半、名古屋市以外の県内自治体で606人がホームレス状態から脱却している」

などと説明。施設で受け入れずとも、ある程度は対応可能との認識のようだ。

   一方、「カーアイランド」とも呼ばれる九州の場合はどうか。トヨタ、日産、ダイハツなどの工場を周辺自治体に抱える北九州市の保護課では、

「建設現場で作業をしておられた方からなどの相談はありますが、自動車関連の相談は、まだありません」

と話しており、「トヨタ・ショック」は、まだ表面化していないようだ。

   いずれにせよ、今後「派遣切り」で寮を追い出されるなどして住居を失う非正規労働者が増加するのは確実な情勢で、各自治体はホームレス受け入れ対策の充実、拡大を迫られることになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中