1万人雇用、実現できるのか MKタクシー仰天計画の内実

印刷

   MKタクシーがぶち上げた1年間で1万人の雇用計画が、波紋を呼んでいる。失業者の受け皿というのだが、不況で利用客が減っているとあって、その実現性を疑問視する向きもある。「単なるパフォーマンス」との批判が出ているが、MK側は「うちはまだ車の数が足らず、増やすのは可能だ」としている。

「市民権を得ようとする単なるパフォーマンス」

MKタクシーの公式サイト
MKタクシーの公式サイト

   正社員まで首を切られる深刻な不況の中で、それと逆を行く仰天ニュースが2008年12月11日、タクシー業界から飛び出した。

   低料金などをうたい文句にしているMKタクシー(京都市)が、3050人の従業員をなんと1年間で3.3倍の13050人にまで増員するというのだ。それに伴い、京都や東京など5都市から、福岡や札幌など5都市にも営業を拡大し、車両数も1523台から5932台に増やすという。その理由について、同社の経営企画部では、「雇用悪化の中で、うちができることはないかと考えました。そこで、これまでの増員計画を前倒ししたわけです」と説明する。

   とはいえ、不況でタクシー利用が低迷しており、供給過剰で運転手の待遇悪化さえ問題になっている。そんな中で、本当に実現の可能性はあるのか。

   連合系労組の全自交労連では、その根拠は乏しいとみる。書記次長は、こう話す。

「以前も、東京で大規模な増車の計画や京都でも路線バス参入話などがありましたが、結局できませんでした。高賃金をうたいながら運転手に負担があったりして、業界では信用されていません。このご時世で、金融機関でも金を貸すところは少ないでしょう。まゆつばものですよ」

   労組では、待遇悪化問題をどう改善するか、頭を悩ませているという。それだけに、書記次長は、「その課題に逆行する話で、無責任ですね」と批判。同社の狙いについて、「マスコミ受けして、市民権を得ようとする単なるパフォーマンスですよ」とみている。

「進出地域では、車の数が足りないぐらい」

   MKタクシーの増員計画について、国土交通省の旅客課では、「実現できるかどうかは、事業者の判断ですので、お答えしづらい」とする。しかし、同省では、供給過剰を問題とみて、減車調整を可能にする再規制の法制化を2009年秋にも予定している。それだけに、こう苦言を呈する。

「需要喚起策があるのならいいですが、むやみに運転手を増やして、過剰供給に拍車をかけるとしたら問題があります。運転手の給与低下につながる可能性があるので、慎重にやってほしい」

   法人や個人のタクシー業界では、車が増え過ぎたとして、規制緩和見直しの要望のため署名活動をしている。これまでに、約80万人が集まったという。これに対し、MKタクシーは逆に、再規制に反対して署名活動を行い、2008年11月11日には、約53万人分の署名を国交省に提出した。今回の増員計画について、同社では、1年後の再規制前に事業を拡大しようとした狙いもあることを認めている。

   増員計画発表後は、MKタクシーには、応援メールが数件来ているだけで、今後応募が増えるのかは把握できていないという。しかし、経営企画部では、増員の見通しなどについてこう説明する。

「うちでは利用客からの指名が多く、進出地域では、車の数が足りないぐらいです。利用の半分以上は、指名なんですよ。空港型乗り合いなどの新サービスで、需要も開拓しています。ある程度の台数がないと、利用客に便利ではないので、その点からも規模の拡大は必要です。求人誌の広告やハローワークなどを通じて、運転手らを募集します。国交省の許可のめどがあると考えており、金融機関も実績を見て受けていただけるはずです。サービスや運転手待遇の悪化はないと思っています」
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中