初代新幹線「0系」、臨時列車でラストラン

印刷

   初代新幹線「0系」の引退を記念する「さよなら運転」が2008年12月14日に行われ、1964年以来44年間の歴史に終止符を打った。定期運転は11月30日に終了したが、ファンの声にこたえて、12月6日、13日、14日の3日間にわたって臨時列車が運行された。最終日の14日は、終着駅の博多駅に約1600人の鉄道ファンがつめかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中