真央とヨナのライバル対決過熱? 2ちゃんに韓国から「サイバー攻撃説」 

印刷

   韓国では「国民の妹」「フィギュアの妖精」と呼ばれ、アイドル並みの人気を持つフィギュアスケートの金妍児(キム・ヨナ)選手(18)。地元・韓国・高陽で行われたグランプリ(GP)ファイナルで、日本の浅田真央選手(18)に逆転を許し、2位に終わった。そのせいか、「2ちゃんねる」では試合後に、一部サイトが見られないという状態が続き、「韓国からのサイバー攻撃があった」として大騒ぎになった。

ネット上でも2選手をめぐって白熱したやり取り

   GPファイナルは2008年12月13日、ショートプログラム(SP)2位の浅田真央選手がフリーで1位となり、最大のライバルと目されていたSP1位のキム・ヨナ選手を抜き、合計188.55点で優勝した。浅田選手はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度もプログラムに組み入れ、中盤の3回転ジャンプで転倒したものの高い技術点を獲得。一方、キム・ヨナ選手はジャンプで2度もミスし、地元でライバルの優勝を許した。

   キム・ヨナ選手は、1位で終了したSPのあとで涙を流すなど、地元でのGPファイナルにかなりの重圧を感じていた様子。同選手は涙の理由について、

「それほど緊張しているとは思っていなかったのに、知らない間にとても緊張していたようで、緊張がほぐれて涙がでてしまった」

と話している。SPのあとでは、客席からは花束のほかに、ぬいぐるみなどが大量にリンクに投げ込まれるなど、異様なほどの盛り上がりを見せていた。

   日韓のライバル対決とあってネット上も2人の選手をめぐって白熱したやり取りが交わされる一面もあった。

   2008年12月13日の中央日報(電子版)は、SPをキム・ヨナ選手が1位で終了したことについて、「キム・ヨナはホームアドバンテージで1位になったわけではない」「キム・ヨナがルッツでミスしなければ、SPは70点台だったはず」といったネットユーザーの声があったことを紹介。「浅田真央のルッツに与えられた加点が納得できないという声もあった」と報じている。日韓交流掲示版「enjoy KOREA」では、SP終了後に、採点をめぐって日本人ユーザーと韓国人ユーザーの激しいやり取りがなされる場面もあった。

「サイバー攻撃」元は「IPアドレス割当国 韓国」

   一方、日本の巨大掲示版「2ちゃんねる」では2008年12月14日夕方頃から、サーバに負荷がかり、一部サイトが見られないという状態が続いた。その後、同サイトのサーバ管理者とされるユーザーが「サイバー攻撃」元のIPアドレスを開示したところ、「IPアドレス割当国 韓国」となるものが多く含まれていたことから、「スケートの逆恨みでしょうね」「浅田に負けて2ちゃんに腹いせするという脈略の無さ」といった書き込みが相次ぎ、韓国からの「サイバー攻撃」説が流れた。

   キム・ヨナ選手は、出演CMは10本以上に上り、テレビ番組で歌声を披露するなど、韓国では「国民的アイドル」。GPファイナルでは、同大会に出場した安藤美姫選手も「ヨナ・キムちゃんのコンサートみたい」と漏らすほどの盛り上がりを見せていた。

   日韓交流掲示版「enjoy KOREA」では、GP終了後に日韓のユーザーから浅田選手を祝福する書き込みが相次いだ一方で、「キム・ヨナちゃんは、韓国人の変なリズムの拍手のせいで、ジャンプを失敗したり転倒したりしたんだぞ」といった、韓国の観客の異様なほどの盛り上がりを批判する日本人の書き込みもなされた。韓国人ユーザーからも、「これは本当に認めなければならない」「同感」といった声があがるなど、大きすぎる「国民の期待」の背負うことになったキム・ヨナ選手に日韓両国のスケートファンから同情の声が上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中