「安さ売り物」と「設備豪華」 深夜高速バスも「二極化」進む

印刷

   高速バスの競争激化が進んでいる。設備を豪華にする「プレミアム化」を売り物にしたり、その対極をいく「超低価格」を打ち出したりするなど、あの手この手で知恵を絞っている。

東京-大阪間で、補助席利用なら片道2100円

ツアーバスでも、幅が広いシートを導入するなど「プレミアム化」が進んでいる
ツアーバスでも、幅が広いシートを導入するなど「プレミアム化」が進んでいる

   ツアーバスの参入が相次いだのは、02年に道路運送法が改正されたのがきっかけだ。路線バスの場合、バス会社が自社の車両・乗務員で運行する必要があるが、ツアーバスの場合は、集客を行う旅行会社と、実際にバスを動かす会社は別々だ。旅行会社は集客量に応じてチャーターするバスの台数を変えることができ、無駄が減った分、運賃を下げることができる、という仕組みだ。ツアーバスは、低価格を武器に急成長した。

   特に、原油高が進んだ2008年には、利用者の伸びが目立った。ツアーバス大手の「ウィラー・トラベル」が発表したところによると、08年のお盆期間中(8月8日~17日)の利用者数は4万7000人で、前年同期比で約3倍にまで伸びている。ガソリン高の高騰を受けて、ラッシュ時の「マイカー離れ」が進んだことが背景にあるものとみられている。

   ラッシュ時以外でも好調ぶりは変わらず、同社で主力の東京-大阪線の07年10月の利用者数は1万9647人だったのに対し、08年10月は3万2071人。63%の伸びをみせている。04年ごろから競争が加速している東京-仙台線でも、大幅に増便したこともあって、08年10月の乗客数は、前年同月比で2倍に伸びている。

   東京-大阪線(深夜便)では、ツアーバスの運賃は片道で4000円~5000円台なのに対して、路線バスは7000~8000円台が「相場」。ツアーバスが安さで攻勢をかけている形だ。

   ところが、これに危機感を覚えたのか、高速路線バスの側も、格安プランを続々と投入しているのだ。例えばJRバス関東の「超特割青春号」では、東京-大阪間で、補助席を利用した場合には片道2100円という超・格安プランが登場している(通常の座席の場合は3500~4000円)。ただし、このバスにはトイレが付いておらず、2時間おきにトイレ休憩を挟みながら、目的地までの8時間半を過ごす。かなりの体力消耗を強いられることになりそうだ。

通常のバスの2席分のスペースをとった座席も出現

   一方、同じ東京-大阪路線でも、「プレミアム化」という「逆方向」も進んでもいる。例えばJR西日本バスでは、通常のバスの2席分のスペースをとった座席が利用できる「プレミアムドリーム号」を運行。地上デジタル放送も受信でき、片道9910円だ。

   ツアーバスでも、同様に「プレミアム化」が進んでいる。前出のウィラー・トラベルでは、12月4日から、高級シートを搭載した車両の運行を始めた。この便では、テレビやDVDデッキ、PC用の電源や無線LANを備えており、運賃は片道で1万1000円~9800円。

   同社では、

「大都市を結ぶ路線では、需要に応じて、品揃えを豊富にしています」

と話しており、いわば「地域路線では『安さ』を、幅広い客層が見込める主要路線では『幅広い品揃え』を」アピールしていきたい考えのようだ。

   景気後退で新幹線からの「乗り換え組」の増加が見込まれることから、今後も競争の激しさは増すことになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中