豪華高級ホテルにクリスマス・イブ格安で泊まる「裏技」

印刷

   クリスマスを高級ホテルですごす家族やカップルが減っている。米国発の金融危機の影響もあって、東京都内の高級ホテルでも2008年12月24日のクリスマス・イブの予約状況では、まだ空室が残っている。円高が進行して海外旅行者が減り、国内景気の悪化で消費者の財布の紐も固い。それでも高級ホテルは、なかなか宿泊料金を値下げしない。ただ、「裏技」もないわけではないようだ。

直前になれば、1泊10万円の部屋が5万円台になる可能性も

   円高の影響で海外からのお客が減り、国内景気の悪化も加わって、高級ホテルはさえない。かきいれ時のクリスマスまで1週間となって、客室にはまだ空きがある。大手旅行会社のジェイティービーによると、「首都圏全般としては、前年割れしている感じ」という。

   東京都内の高級ホテルのひとつ、フォーシーズンズホテル丸の内は「円高の影響で海外からの宿泊客は例年より少なめ」という。国内も「ひどく落ち込んでいるわけではないが、個人はある程度(景気悪化の)影響が出ているし、今年はクリスマス・イブが平日なので、客足はやや鈍い」と話している。

   そうなると、期待されるのは「値下げ」。しかし、高級ホテルは「高級」ゆえに簡単には「値下げ」できない。ここ数年マンダリンオリエンタル東京やリッツ・カールトン東京といった超高級ホテルが相次ぎ進出し、既存のホテルも対抗上リニューアルして客室単価を上げてしまったことも影響しているようだ。

   大幅な値引きはホテルのイメージを損なうので、なかなかやりづらいといった事情も働いて、多少客足が落ちたからといって値下げできないというわけだ。

   とはいえ、値下げの可能性はゼロではない。「(24日)直前になれば、1泊10万円もする高級ホテルでも、部屋によっては5万円台もある」と、あるホテル関係者は話す。

ホテルに当日直接電話するのも効果的?

   ふだんからインターネットをチェックしたり、当日ホテルに電話したりすると、そういった「出物」にぶつかることがあるという。ただ、「大々的に値下げを言えないし、残っても1、2室なので、ほんとうにこっそりとやっている。電話は有効です」。前出のホテル関係者が奥の手を明かす。

    宿泊予約サイトの一休.comは、高級ホテルや旅館に割引価格で泊まれることで人気がある。ホームページに掲載されている宿泊料金は通常より、すでに割安になっている。

   一休.comでクリスマスの宿泊状況をみると、空いているのはフォーシーズンズホテル丸の内の「ラグジュアリークリスマス」(ダブル、夕食付き)の部屋(13万6290円)や、日比谷のザ・ペニンシュラ東京では高層階から豪華な夜景を眺めることができる一室(7万455円)、日本橋のマンダリンオリエンタル東京のクリスマス・プラン(9万8000円)のデラックスツインの部屋、などだ。

   まめにネットをチェックしたり、ホテルに電話をかけてみたりすることで、割安な高級ホテルが見つかるかもしれないし、直前になれば宿泊料金も、もう一段下がっているかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中